朝ドラあらすじ解説[あさが来た23週134話]うめ雁助の妻ツネと語る

事故にあい意識が戻らない雁助(山内圭哉)のことを心配した新次郎と栄三郎はiryou_tenteki.png点滴
うめ(友近)を連れて神戸の病院に雁助を見舞います。

新次郎と栄三郎が大阪へ戻ったあと、うめは雁助の妻ツネの話を聞き、
雁助が加野銀行を去ってからの日々の様子を知るのでした。

スポンサーリンク

◆連続テレビ小説 あさが来た23週「大番頭のてのひら」134話うめが雁助の妻ツネの話を聞く

2016年3月8日(火)放送分のあらすじ解説

① 事故にあった雁助(山内圭哉)を心配し病室に駆けつけた新次郎(玉木宏)たち。
そこで雁助の家族が新次郎たちにする話とは…。

それはお金のことだと思います。小さな町工場で、社長が意識不明になったら、たちまち工場は立ちゆかなくなるのではないでしょうか。 原料を仕入れて加工して製品にし、出荷販売する。どこかひとつでもつまずくとうまくまわらなくなるのでしょう。 

銀行は社長が意識不明だなんて聞いたら、もうお金は貸してくれませんから。
俗に、晴れた日に傘を貸し、雨の日に傘を取り上げるとか言うほど無慈悲のようです。

でも新次郎や栄三郎(桐山照史)は違います。子供の頃散々世話になった雁助のことです。
雁助が加野銀行を去るときも充分な手当をしていなかったようですから、今度は助けようとするでしょう。

②残って雁助の様子を見ることになったうめ(友近)は雁助の妻ツネ(松永玲子)とふたりになってしまい…。

新次郎と栄三郎は雁助の工場に融資をする準備もあり、他の仕事もありますから大阪に戻ります。
うめは雁助の妻の助けになるのもあって新次郎たちがうめを病院に残して行くのでしょう。

雁助の妻ツネと二人になるとうめはなんとなくぎごちないと思いますが、雁助の妻はうめと雁助のことは多分
知らないでしょうから、加野屋の好意でお手伝いさんを置いてくれたと思うのではないでしょうか。

ツネは雁助のことを色々うめに話すようですが、雁助が加野銀行を去った後の様子を知るうめの気持ちは
どのように表現されるのでしょう。

※ツネは世間一般の妻と同様、夫の不平を言うだけでした。うめはほっとする反面、がっかりしたのではないかと思われます。微妙な女心ですね。

Sponsored Link

③次の日、うめは意識の戻らない雁助と二人きりになる。うめは雁助に話しかけているうちに…。

ツネは工場のこともあり、意識不明の雁助につきっきりではいられないでしょうから、うめに頼んで出かけるのです。意識不明の雁助と二人きりになるうめは、雁助に話かけます。

話かけたり、触ったりして刺激することは意識回復に大変よいことです。
話かけるうちに昔の思い出がよみがえるということもあるでしょう。少しは、反応があるかもしれません。

④そこへあさ(波瑠)が遅れてやってくる。あさは、懸命に雁助の手を握って話しかける。

あさのことですから、かなり強引に手を握ったり、マッサージをしたり、話しかける声も大きいですから
良い刺激になることでしょう。あさが雁助の手のひらをマッサージすることで、雁助の意識が戻るのでは
ないでしょうか。とにかく雁助の意識は回復するようで良かったですね。

★段落①~④のあらすじはYahooテレビ番組からの引用です。 放送が終わると1週間でリンクが切れますのでリンク非表示をご了承くださいませ。

最後までお読みいただきありがとうございました。

<<前回133話雁助意識不明になる****次回135話雁助が意識を回復する>>

◆あなたにオススメ

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ