おんな城主直虎あらすじネタバレ5話「亀之丞帰る」2017年2月5日(日)

5話からはいよいよ成長した次郎法師(柴咲コウ)job_japan_amasan-png%e5%b0%bc%e3%81%95%e3%82%93
亀之丞(三浦春馬)、鶴丸(高橋一生)の登場です。

次郎法師は僧としての修行を積みながら、行方知
れずの亀之丞の帰りを待つ日々を過ごしていました。

スポンサーリンク

◆おんな城主 直虎(5)「亀之丞帰る」あらすじ解説

①天文23年(1554)春。成長した次郎法師(柴咲コウ)は僧と
しての修行を積みながら、行方知れずの亀之丞(三浦春馬)の
帰りを待つ日々を過ごしていた。

おとわが次郎法師という名前になってから、9年が経ち、19歳に
なっていました。

4話で次郎法師は、竜宮小僧になると決心し、村人を助けたせいも
あり、今は「次郎さま」と村人に慕われる存在になっています。

一方鶴丸は元服して小野但馬の守政次(まさつぐ)と名を改めて
いました。

②駿府では今川義元(春風亭昇太)が武田・北条との縁戚関係を
背景にいっそう権勢をふるい、いよいよ三河平定へと乗り出そう
としていた。

今川義元は武田信虎(武田信玄の父)の娘を正室にしており、嫡男
の氏真(うじさだ)に北条氏康の娘を迎えて、武田と北条両方
との縁戚関係を作ったのです。

これにより、駿河、甲斐、相模の3国同盟が成立し、今川、武田
北条はそれぞれ思いのままに領地を広げていくことになります。

Sponsored Link

③この今川家の威光を笠に井伊家中での実力をさらに強めた小野
政直(吹越満)だったが、突然の病に倒れる。

すると次郎法師の曽祖父である井伊直平(前田吟)は次郎法師に
小野政直がぽっくり行くように祈祷してくれと言います。

そもそも小野家を井伊の家臣にしたのは直平なのに、そこまで政直
を嫌う理由を父の直盛に問うと、

直平の娘・佐名(花總まり)が今川の人質にされたことだと直盛
は答えました。

政直は、直平が北条の誘いに乗って今川を裏切ろうとしたことが
あり、その時の今川義元の怒りを収めるために、美しい佐名姫を
差し出すのが良いと思ったのだと言います。

井伊直平と小野政直の対立はこれが原因だったことを次郎法師は
理解します。

政直は鶴丸(政次)とおとわとの縁談が壊れたので、今度は
井伊家の分家で重臣の奧山朝利(おくやま ともとし)の娘と
結婚させてその子を井伊家の跡継ぎにしようとしていました。

そのため、政次は、井伊家の縁戚となるからには、井伊家を
第一に考えていきたいと考えていると父に告げます。

しかし、政直は、「お前はわしと同じ道をたどる」と不吉な
言葉を残して死んでしまいます。

亀之丞(直親)を殺そうとしていた小野政直が死に、今川と北条
が同盟を結んだことで、亀之丞の父・直満の罪も軽くなり、

さらに武田が南信州に攻め入ったことで、信州に隠れていた
亀之丞が武田から逃れるためという理由で亀之丞を呼び戻す
ことができました。

亀之丞が戻ることで、井伊家の跡継ぎは亀之丞になり、政次
の縁談は破断になってしまい、政次の子が井伊家の跡継ぎに
なることもなくなりました。

この時点で、政次は亀之丞を恨むことになったのかも知れません。
そして、父の予言通り、父と同じ道を歩み始めるのかも。

◆おんな城主直虎第5話の主な出演者など

出演:柴咲コウ,三浦春馬,高橋一生,杉本哲太,財前直見,吹越満,宇梶剛士,苅谷俊介,でんでん,筧利夫,市原隼人,菜々緒,井上芳雄,西原亜希,小松和重,梅沢昌代,吉田妙子,芹澤興人,春風亭昇太ほか 語り:中村梅雀 原作・脚本:森下佳子 音楽:菅野よう子

NHK大河ドラマおんな城主直虎キャスト>>登場人物と出演者一覧

NHK大河ドラマおんな城主直虎>>あらすじ解説一覧

★段落①~③のあらすじはYahooテレビ番組
http://tv.yahoo.co.jp/listings/realtime/
からの引用、参考書籍はおんな城主直虎ガイドブック等です。
あらすじ解説を最後までお読みいただきありがとうございました。

<<おんな城主直虎前回4話へ*****次回6話へ>>

◆あなたにオススメ

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ