朝ドラべっぴんさん104話2月6日(月)あらすじ解説 さくらの失恋

flower_clover-png%e5%9b%9b%e8%91%89%e3%81%ae%e3%82%af%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%90%e3%83%bc

すみれ(芳根京子)は、無断で東京に行こうとして
いたさくら(井頭愛海)をジャズ喫茶で見つけると、

五月が河合二郎(林遣都)の子供を妊娠している
ことを伝えます。

そして、すみれに促されたさくらから驚くべき事実
を伝えられた二郎は…

スポンサーリンク

◆連続テレビ小説 べっぴんさん(104)2017年2月6日(月)
放送分のあらすじ解説

①すみれ(芳根京子)は無断で東京に行こうとしていた娘のさくら
(井頭愛海)をジャズ喫茶「ヨーソロー」で見つける。

103話で書いてしまいましたので、重複しますが、
キアリスで夏休みのアルバイトをしていた健太郎(古川雄輝)から
さくらが二郎を追って東京に行こうとしていることを知ったすみれ
は、ヨーソローにかけつけたのです。

そこで、五月の代わりに働いているさくらを見つけます。

すみれは五月の妊娠のことをさくらに伝えます。
さくらはショックでしょうね。

②ドラム奏者としてプロを目指していた二郎(林遣都)は東京の
スカウトから誘いを受けていたが、すみれに促されたさくらから、
恋人の五月(久保田紗友)が妊娠していることを伝えられる。

すみれが五月のことを自ら二郎に語らず、さくらに伝えさせたのは
名案かも知れませんね。さくらの胸により重く事実がのしかかる
ことでしょう。

Sponsored Link

③五月が姿を消した本当の理由を知った二郎は、すぐに五月が居る
すみれたちの家を訪ねるが…

ヨーソローに、二郎をスカウトに来た人たちがいる中、後で連絡する
と彼らに伝えて、二郎は五月に会うために速攻ですみれたちの家を
訪ねます。

スカウトの人達より五月の方が大事なことが分かりますね。
さくらも一緒に自宅を訪れ、五月と二郎の会話を聞くことになります。

そしてさくらは自分が失恋したことを自覚します。

◆朝ドラべっぴんさん104話の主な出演者など

出演:芳根京子,生瀬勝久,菅野美穂,高良健吾,蓮佛美沙子,谷村美月,永山絢斗,本田博太郎,山村紅葉,曽我廼家文童,宮田圭子,三倉茉奈,井頭愛海,古川雄輝,林遣都,江波杏子,久保田紗友 語り:菅野美穂 原作・脚本:渡辺千穂

朝ドラキャストべっぴんさん>>登場人物・史実のモデル・演者一覧 

朝ドラべっぴんさん>>あらすじ解説一覧

朝ドラべっぴんさん>>関連記事一覧

★段落①~③のあらすじと出演者はYahooテレビガイド
(http://tv.yahoo.co.jp/listings/realtime/)からの引用。
参考書籍はNHKドラマガイド「べっぴんさん」等。
あらすじ解説を最後までお読みいただきありがとうございました。

<<べっぴんさん前回103話へ***次回105話へ

NHK大河ドラマおんな城主直虎キャスト>>登場人物と出演者一覧

NHK大河ドラマおんな城主直虎>>あらすじ解説

◆あなたにオススメ

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ