朝ドラべっぴんさん110話2月13日(月)あらすじ解説 地図のない旅

NHK連続テレビ小説2016年度後期「べっぴんさん」20週「旅立ちの時」flower_clover-png%e5%9b%9b%e8%91%89%e3%81%ae%e3%82%af%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%90%e3%83%bc

昭和37年6月。さくらは東京の美術大学、
健太郎は京都大学をめざして勉強しています。

すみれ(芳根京子)の家で長年働いて
きた女中の喜代(宮田圭子)は、さくらが
大学に行った後の自分の将来が不安で・・・。

スポンサーリンク

◆連続テレビ小説 べっぴんさん(110)2017年2月13日(月)
放送分のあらすじ解説

①昭和37年6月。すみれ(芳根京子)の娘・さくら(井頭愛海)
と君枝(土村芳)の息子・健太郎は高校3年生に。

さくらが描いた絵をキアリスの君江(土村芳)にほめられたのが
きっかけで、さくらはデザインの勉強をする気になり、ようやく
目標が決まりました。

すみれとも和解したので、この年の夏休みからさくらは
自宅に戻ります。

健太郎(古川雄輝)は何がやりたいのでしょうね。

②それぞれ東京の美術大学と京都大学を目指して勉強に励んでいた。

美術大学は学科試験だけでなく、絵を描く試験もあるので、さくら
は絵の教室にも通い始めます。

楽しそうですね。

一方、健太郎は京都大学ではなく東京大学に行きたいと思って
いるのですが、京都大学に入って自宅から通って欲しいと願う
家族に打ち明けられずいるのです。

健太郎は本当にやさしいのですね。

京都大学だって東京大学だってレベルは同じでしょうけれど
ひょっとして健太郎は、さくらが東京に行くので自分も
東京に行きたいのではないでしょうか。

Sponsored Link

③もう一人の幼なじみ・龍一(森永悠希)は、一足先に大学生と
なり、学生運動に参加しながら自分の将来を模索していた。

龍一は相変わらず、突拍子のないことをやりそうです。

当時、堀江謙一がヨットで太平洋の単独横断に成功したのを
私も覚えていますが、龍一は、これに触発されて、冒険旅行に
行きたいと言いだします。

④一方、この先の人生に不安を感じているのは若者だけではなく、
すみれの家で長年働いてきた女中の喜代(宮田圭子)も同じで…

たしかに、喜代はさくらを育てるのになくてはならない人でした。
その子育ても終わりです。

さくらが東京の大学に行ってしまってはすみれと紀夫(永山絢斗)
のお世話だけではひまですし、つまらないでしょう。

そこへ、長年五十八に仕えていた忠太郎(曽我廼家文童)がやって
きて、初恋の相手だった喜代と残りの人生を共にしたいという
のです。

それに同意した喜代と忠太郎は2人で旅に出ることになりました。

それぞれの「旅立ちの時」ですね。

忠太郎が「人生は何があるかわかりません。人生は地図のない旅
なのかもしれまへんなあ」と言うのですが、妙に納得できます。

◆朝ドラべっぴんさん110話の主な出演者など

出演:芳根京子,谷村美月,菅野美穂,百田夏菜子,土村芳,永山絢斗,平岡祐太,曽我廼家文童,宮田圭子,三倉茉奈,中島広稀,井頭愛海,古川雄輝,森永悠希,林遣都,久保田紗友,田中要次 語り:菅野美穂 原作・脚本:渡辺千穂

朝ドラキャストべっぴんさん>>登場人物・史実のモデル・演者一覧 

朝ドラべっぴんさん>>あらすじ解説一覧

朝ドラべっぴんさん>>関連記事一覧

★段落①~③のあらすじと出演者はYahooテレビガイド
(http://tv.yahoo.co.jp/listings/realtime/)からの引用。
参考書籍はNHKドラマガイド「べっぴんさん」等。
あらすじ解説を最後までお読みいただきありがとうございました。

<<べっぴんさん前回109話へ***次回111話へ

NHK大河ドラマおんな城主直虎キャスト>>登場人物と出演者一覧

NHK大河ドラマおんな城主直虎>>あらすじ解説

◆あなたにオススメ

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ