朝ドラべっぴんさん117話2月21日(火)あらすじ解説新入社員採用面接

NHK連続テレビ小説2016年度後期「べっぴんさん」21週「新世界へ、ようこそ」flower_clover-png%e5%9b%9b%e8%91%89%e3%81%ae%e3%82%af%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%90%e3%83%bc

「キアリス」の新入社員採用面接に、身内である
さくら(井頭愛海)や健太郎(古川雄輝)が参加
していることがわかります。

すみれ(芳根京子)たちは身内を採用することに
ついて、どうしたものか悩みます。

スポンサーリンク

◆連続テレビ小説 べっぴんさん(117)2017年2月21日(火)
放送分のあらすじ解説

①「キアリス」の新入社員採用面接を実施していたすみれ
(芳根京子)たちだったが、候補者の中に娘のさくら(井頭愛海)
や君枝(土村芳)の息子・健太郎(古川雄輝)の姿を見つけ驚く。

面接までこぎつけたということは、書類審査や筆記試験も突破して
最後の段階というところでしょう。

人事部長はさくらや健太郎を特別扱いせず、一般人と同様に扱って
いたので、すみれたちに連絡はしていなかったようです。

②すみれや紀夫(永山絢斗)、君枝は「身内を入れれば会社に悪い
影響を与える可能性がある」と反対するが、人事部長の中西
(森優作)は、「一人の人間として会社に有益であるかどうかを
判断したい」と主張する。

中西さん偉くなったんですね。
一緒に入社した西条一郎(永瀬匡・ながせ たすく)の方が積極的
で出世しそうでしたが、すぐにキアリスを辞めてしまいました。

後で何かで出てくると思いましたがまだ出てこないですね。

確かに、ちゃんと採用試験を受けて採用するなら、問題はないで
しょう。身内の方が愛社精神は高いと思われますから、採用しない
なんてもったいないです。

Sponsored Link

③さくらと健太郎の採用試験の結果は…。

高校生のときから性格も能力も知っている中西人事部長が決めるの
ですから、合格間違いなしです。

◆朝ドラべっぴんさん117話の主な出演者など

出演:芳根京子,高良健吾,菅野美穂,蓮佛美沙子,谷村美月,百田夏菜子,土村芳,永山絢斗,中島広稀,井頭愛海,古川雄輝 語り:菅野美穂 原作・脚本:渡辺千穂

朝ドラキャストべっぴんさん>>登場人物・史実のモデル・演者一覧 

朝ドラべっぴんさん>>あらすじ解説一覧

朝ドラべっぴんさん>>関連記事一覧

★段落①~③のあらすじと出演者はYahooテレビガイド
(http://tv.yahoo.co.jp/listings/realtime/)からの引用。
参考書籍はNHKドラマガイド「べっぴんさん」等。
あらすじ解説を最後までお読みいただきありがとうございました。

<<べっぴんさん前回116話へ***次回118話へ>>

NHK大河ドラマおんな城主直虎キャスト>>登場人物と出演者一覧

NHK大河ドラマおんな城主直虎>>あらすじ解説一覧

◆あなたにオススメ

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ