朝ドラべっぴんさん118話2月22日(水)あらすじ解説 無記名入社試験

NHK連続テレビ小説2016年度後期「べっぴんさん」21週「新世界へ、ようこそ」

すみれ(芳根京子)や紀夫(永山絢斗)たちはflower_clover-png%e5%9b%9b%e8%91%89%e3%81%ae%e3%82%af%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%90%e3%83%bc
「キアリス」の新入社員採用試験を行っていました。

身内であるさくら(井頭愛海)と健太郎(古川
雄輝)を採用するかどうかで意見が割れて…

スポンサーリンク

◆連続テレビ小説 べっぴんさん(118)2017年2月22日(水)放送分のあらすじ解説

①「キアリス」新入社員採用試験を行っていたすみれ(芳根京子)や紀夫(永山絢斗)たち。

21週目は3日連続で新入社員採用試験が話題になっています。

大学時代や留学のことは全然触れず、いきなり採用試験とは
ちょっと残念ですね。もう時間がないので仕方ないですが。

②身内であるさくら(井頭愛海)と健太郎(古川雄輝)を採用する
かどうかで、人事部長の中西(森優作)と意見が割れていたが、
義兄の潔(高良健吾)の助言を受け、最終的には試験を受けさせ、
実力を観て判断するということに。

人事部長の中西(森優作)は会社のことも考えて、優秀でキアリス
に愛着と情熱を持っている2人を採用したいのです。

それも一般人と同じに採用試験を受けての上でというのですから
問題はないと思うのですが、いつまでグズグズしているのでしょう。

さすがは潔さん、試験を受けてその実力で判断するというのは公平
ですね。一般人と同じ採用の仕方ですから。

Sponsored Link

③試験は公平性を保つため無記名で実施。果たしてその結果は…。

この会社は面接試験が最初なのでしょうか。
入社試験を受けたのはもう50年も前のことなので、覚えていませんが。

筆記試験で合格した人にだけ面接試験をするのだと思っていました。

いずれにしても2人が降格するのは当然です。

◆朝ドラべっぴんさん118話の主な出演者など

出演:芳根京子,高良健吾,菅野美穂,蓮佛美沙子,谷村美月,百田夏菜子,土村芳,永山絢斗,平岡祐太,中島広稀,井頭愛海,古川雄輝 語り:菅野美穂 原作・脚本:渡辺千穂

朝ドラキャストべっぴんさん>>登場人物・史実のモデル・演者一覧 

朝ドラべっぴんさん>>あらすじ解説一覧

朝ドラべっぴんさん>>関連記事一覧

★段落①~③のあらすじと出演者はYahooテレビガイド
(http://tv.yahoo.co.jp/listings/realtime/)からの引用。
参考書籍はNHKドラマガイド「べっぴんさん」等。
あらすじ解説を最後までお読みいただきありがとうございました。

<<べっぴんさん前回117話へ***次回119話へ>>

NHK大河ドラマおんな城主直虎キャスト>>登場人物と出演者一覧

NHK大河ドラマおんな城主直虎>>あらすじ解説一覧

◆あなたにオススメ

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ