朝ドラべっぴんさん123話2月28日(火)あらすじ解説 仮店舗での営業

NHK連続テレビ小説2016年度後期「べっぴんさん」22週「母の背中」flower_clover-png%e5%9b%9b%e8%91%89%e3%81%ae%e3%82%af%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%90%e3%83%bc

さくら(井頭愛海)と健太郎(古川雄輝)は
若手社員を集めて二週間限定の仮店舗を営業する
ことになります。

すみれ(芳根京子)たちは見守ることに徹するの
ですが、不安を覚えて・・・。

スポンサーリンク

◆連続テレビ小説 べっぴんさん(123)2017年2月28日(火)
放送分のあらすじ解説

①老朽化が進んでいたキアリス本店を改修する二週間の期間限定
で、若手社員を集めて仮店舗を営業することになったさくら
(井頭愛海)と健太郎(古川雄輝)。

新入社員のさくらと健太郎が、若手社員とはいえ先輩たちに指図
して営業をするというのはむずかしいのではないでしょうか。

すみれたちは自分たちが経験したことを体で学んで欲しいという
ことで、あえて新入社員であるさくらたちに任せるのだと思います
が、経営陣の身内の特別扱いと反発されるのではないかと心配です。

②先輩たちと確執がありながらも話をまとめ、普段はキアリスに
置かないカラーのストッキングや大人用パジャマなども商品として
並べることに。

キアリスに新風が巻き込まれるかも知れませんね。
反発する先輩たちを、なんとかまとめたというのはすごいことです。

Sponsored Link

③すみれ(芳根京子)たちは不安を覚えながらも見守ることに徹
するが、やはり客はほとんど訪れず…

お客様は、キアリスが改装中だと知っていて、たいした製品は置か
れていないと思って、来店しないのではないでしょうか。

改修工事中の仮店舗大売り出しとか、広告があれば別ですが。

※後にさくらと健太郎は結婚するようですが、健太郎に実在のモデル
はいないようです。

健太郎の母・君江のモデルである田村江つ子には子供がいません
でしたし、さくらのモデル坂野光子の夫は岡崎晴彦で、岡崎財閥
の子息です。

✱お知らせ:3月6日(月)【総合】午後7時30分~8時43分
 「鶴瓶の家族に乾杯」に芳根京子さん(すみれ役)が出演します。

◆朝ドラべっぴんさん123話の主な出演者など

出演:芳根京子,高良健吾,菅野美穂,谷村美月,百田夏菜子,土村芳,永山絢斗,田中要次,松下優也,中島広稀,井頭愛海,古川雄輝 語り:菅野美穂 原作・脚本:渡辺千穂

朝ドラキャストべっぴんさん>>登場人物・史実のモデル・演者一覧 

朝ドラべっぴんさん>>あらすじ解説一覧

朝ドラべっぴんさん>>関連記事一覧

★段落①~③のあらすじと出演者はYahooテレビガイド
(http://tv.yahoo.co.jp/listings/realtime/)からの引用。
参考書籍はNHKドラマガイド「べっぴんさん」等。
あらすじ解説を最後までお読みいただきありがとうございました。

<<べっぴんさん前回122話へ***次回124話へ>>

NHK大河ドラマおんな城主直虎キャスト>>登場人物と出演者一覧

NHK大河ドラマおんな城主直虎>>あらすじ解説一覧

◆あなたにオススメ

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ