朝ドラべっぴんさん126話3月3日(金)あらすじ解説 健太郎の決意

NHK連続テレビ小説2016年度後期「べっぴんさん」22週「母の背中」flower_clover-png%e5%9b%9b%e8%91%89%e3%81%ae%e3%82%af%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%90%e3%83%bc

すみれ(芳根京子)に次の商品審議会に参加したい
と申し出たさくら(井頭愛海)は、快く承諾され、

キアリスらしさのヒントを掴んださくらは
猛然と机に向かいます。

どんな製品を作るのでしょう。

スポンサーリンク

◆連続テレビ小説 べっぴんさん(126)2017年3月3日(金)
放送分のあらすじ解説

①さくら(井頭愛海)は、すみれ(芳根京子)に次の商品審議会に
参加したいと申し出る。

最初の審議会では、製品が作成できないうえに、遅刻までして
しまって、すみれに叱られてしまうという失態をしてしまった
すみれです。

それにめげず、再度挑戦するのはさすがすみれの娘です。

一度や二度の失敗にめげていては、大きなことはできません。

②快く承諾されたものの、「キアリスらしさ」がなかなか理解
できず悩むさくら。

おや、まだキアリスらしさが分かっていないのに、チャレンジ
しようというのですね。ちょっと、無謀かな?

でも、チャレンジして自分を追い込めばアイデアが浮かぶことは
よくあることですから、やってみるのはいいかもしれません。

Sponsored Link

③しかしそんな時、すみれから子供の想像力の豊かさについての話
を聞き、ヒントを掴んださくらは猛然とスケッチブックに向かう。

本当に子供の絵にはいつも驚かされます。子供は天才ですね。

大人には思いもつかないような想像力があるのです。
絵を学んださくらには、それは良く分かっているのでしょう。

子供たちの想像力が生かされた作品を思いついたのだと思います。

④一方、周りには秘密にしながらさくらと交際していた健太郎
(古川雄輝)は決意をかため、すみれたちの前で突然の告白をするが…

健太郎は子供の時から、さくらが好きで、ずっと見守っていたのです。

さくらも健太郎のことは好きだけど、どういう好きか分からないと
言っていました。

大人になって2人とも恋愛感情が芽生えたのではないでしょうか。

健太郎の決意とは、さくらとの結婚をすみれたちに伝えるのだと
思われます。

あまりにも身近な幼なじみ同志なので、びっくりするのかも
知れません。兄弟姉妹のような付き合いでしたからね。

 

◆朝ドラべっぴんさん○話の主な出演者など

出演:芳根京子,生瀬勝久,菅野美穂,高良健吾,蓮佛美沙子,谷村美月,百田夏菜子,土村芳,永山絢斗,田中要次,平岡祐太,中島広稀,井頭愛海,古川雄輝,森永悠希 語り:菅野美穂 原作・脚本:渡辺千穂

朝ドラキャストべっぴんさん>>登場人物・史実のモデル・演者一覧 

朝ドラべっぴんさん>>あらすじ解説一覧

朝ドラべっぴんさん>>関連記事一覧

★段落①~③のあらすじと出演者はYahooテレビガイド
(http://tv.yahoo.co.jp/listings/realtime/)からの引用。
参考書籍はNHKドラマガイド「べっぴんさん」等。
あらすじ解説を最後までお読みいただきありがとうございました。

<<べっぴんさん前回125話へ***次回127話へ>>

NHK大河ドラマおんな城主直虎キャスト>>登場人物と出演者一覧

NHK大河ドラマおんな城主直虎>>あらすじ解説一覧

◆あなたにオススメ

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ