朝ドラべっぴんさん127話3月4日(土)あらすじ解説 突然の結婚宣言

NHK連続テレビ小説2016年度後期「べっぴんさん」22週「母の背中」flower_clover-png%e5%9b%9b%e8%91%89%e3%81%ae%e3%82%af%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%90%e3%83%bc

さくら(井頭愛海)と健太郎(古川雄輝)の突然の
結婚宣言にすみれ(芳根京子)たちは驚き

特に紀夫(永山絢斗)と君枝(土村芳)は
すぐには受け入れることができません。

スポンサーリンク

◆連続テレビ小説 べっぴんさん(127)2017年3月4日(土)
放送分のあらすじ解説

①さくら(井頭愛海)と健太郎(古川雄輝)の突然の結婚宣言
を受け驚くすみれ(芳根京子)たち。

あまりにも身近で気付かなかったのでしょうか。ちょっとにぶ
過ぎですよね。

ちょっと観察していれば、誰だって気付くと思うのですが。
気付きたくなかったのかもしれません。

史実では君枝のモデルである村井ミヨ子には子供がいませんでした
から、健太郎はフィクションです。

さくらのモデルである坂野光子(ばんの てるこ)は、昭和42
年(1967年)にはもう財閥の岡崎晴彦と結婚していました。

阪急百貨店の初代社長が仲人で、お見合い結婚だったようです。

②紀夫(永山絢斗)と君枝(土村芳)は、「早すぎる」とすぐ
には受け入れられず…。

親というのは勝手なもので、子供が若いとまだ早いと言って反対
するくせに、うっかりしているとすぐに適齢期を過ぎてしまって
からあわてるのです。

「早すぎる」という言葉、私たちも姑に言われましたが、舅が
「決心したときが適齢期だから、今結婚した方が良い」と賛成
してくれたことを思い出します。

Sponsored Link

③一方、良子(百田夏菜子)の息子・龍一(森永悠希)もまた、
将来のことを考えていた。

無鉄砲で将来のことなど考えていなそうな龍一ですが、世界旅行で
少しは大人になったようですね。

嫁さんまで獲得してきて、たいしたものです。やるじゃん。

④父の勝二(田中要次)が経営する喫茶店を使って、世界中を回って
覚えた料理を提供する食堂をやりたいと申し出る。それを聞いた勝二は激怒するが…。

お父さんは自分の城を取られるような気分かもしれませんね。
でも、喫茶店で軽食を出すところはたくさんあります。

まず、喫茶店で軽食を出して、うまくいくようなら別にレストランを
出店したらいいのですから、名案です。

その前に何か許可とか資格が必要なのではないでしょうか。

 

◆朝ドラべっぴんさん127話の主な出演者など

出演:芳根京子,谷村美月,菅野美穂,百田夏菜子,土村芳,永山絢斗,田中要次,平岡祐太,中島広稀,井頭愛海,古川雄輝,森永悠希 語り:菅野美穂 原作・脚本:渡辺千穂

朝ドラキャストべっぴんさん>>登場人物・史実のモデル・演者一覧 

朝ドラべっぴんさん>>あらすじ解説一覧

朝ドラべっぴんさん>>関連記事一覧

★段落①~④のあらすじと出演者はYahooテレビガイド
(http://tv.yahoo.co.jp/listings/realtime/)からの引用。
参考書籍はNHKドラマガイド「べっぴんさん」等。
あらすじ解説を最後までお読みいただきありがとうございました。

<<べっぴんさん前回126話へ***次回128話へ>>

NHK大河ドラマおんな城主直虎キャスト>>登場人物と出演者一覧

NHK大河ドラマおんな城主直虎>>あらすじ解説一覧

◆あなたにオススメ

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ