おんな城主直虎あらすじネタバレ9話「桶狭間に死す」3月5日(日)

次郎法師の父・井伊直盛(杉本哲太)は今川義元job_japan_amasan-png%e5%b0%bc%e3%81%95%e3%82%93
(春風亭昇太)に従い、尾張の織田攻めへ向かい
ました。

父の無事を祈る次郎法師(柴咲コウ)の元に
思わぬ悲報が次々と飛び込むのです。

スポンサーリンク

◆おんな城主 直虎(9)「桶狭間に死す」2017年3月5日(日)
放送分のあらすじ解説

①今川義元(春風亭昇太)に従い、尾張の織田攻めへと向かった
直盛(杉本哲太)。

永禄3年(1560年)5月19日、駿河の戦国大名である今川義元・
今川氏真親子は、2万5千といわれる大軍を率いて尾張に侵攻
しました。

この桶狭間の戦いで先陣を任されたのが次郎法師の父・井伊直盛
でした。

※先陣を任されるというのは、相当の実力者だったということ
ですね。

②父の無事を祈る次郎法師(柴咲コウ)の元に思わぬ悲報がとびこむ。
桶狭間で今川軍が大敗し、直盛も討ち取られたというのだ。

当日の昼過ぎから突然降ってきた豪雨のため、今川の大軍は、桶狭間
で足止めを食らっていたのです。

やっと雨が上がったと思った瞬間、豪雨の中を駆けつけた織田軍は
わずか2千の手勢で今川の本陣を襲撃、総大将の今川義元は討死して
しまいます。

今川軍はほうほうの体で逃げるのでした。

Sponsored Link

③負傷兵たちの手当てに次郎法師が奮闘する中、供をしていた
奥山孫一郎(平山祐介)から直盛の最期の様子が語られる。

しかし、織田軍に攻め込まれ、逃げ切れないと悟った直盛は、
自害する決意をします。

そして、若い孫一郎に、直盛の首をかかげ、織田のふりをして
戦場を抜け、井伊に首を届けるように頼むのです。

※若者に未来を託して自らの命を絶ったすばらしい武士でした。
史実かとうかはわかりませんが、涙が止まりません。

どんな時も戦争はいやですね。

小野政次(高橋一生)の弟・小野玄番(井上芳雄)も戦死して
しまいます。

妻のなつ(山口沙耶)は、奥山朝利J(でんでん)の娘で
しの(貫地谷しほり)の妹ですが、父の意に反して、嫡男と
ともに、小野家に残る道を選びます。

直盛の遺言ということで、井伊は中野直由(筧利夫)が治める
ことになり、実務にたけた小野政次が家中を取り仕切り、奥山
朝利は反感をつのらせるのです。

 

④一方、松平元康(阿部サダヲ)は空になった古巣の岡崎城に
入城し、ついに今川家からの独立を果たす。

岡崎城主は松平元康(徳川家康)の父・松平広忠でしたが、家臣に
刺殺され、岡崎城は城主がいなくなっていたのです。

松平元康は桶狭間の戦いの3年前に、瀬名姫(菜々緒)と結婚して
信康と亀姫という2人の子をもうけています。

瀬名姫と子供たちは、今川館に捕らわれているので、松平元康
(阿部サダヲ)が織田信長と同盟を結ぶことにより、やっかいな
ことになります。

◆おんな城主直虎第9回の主な出演者など

出演:柴咲コウ,三浦春馬,高橋一生,杉本哲太,財前直見,貫地谷しほり,苅谷俊介,でんでん,筧利夫,市原隼人,菜々緒,山口紗弥加,井上芳雄,花總まり,小松和重,梅沢昌代,平山祐介,中村織央ほか 語り:中村梅雀 原作・脚本:森下佳子 音楽:菅野よう子

NHK大河ドラマおんな城主直虎キャスト>>登場人物と出演者一覧

NHK大河ドラマおんな城主直虎>>あらすじ解説

★段落①~④のあらすじはYahooテレビ番組
http://tv.yahoo.co.jp/listings/realtime/
からの引用、参考書籍はおんな城主直虎ガイドブック等です。
あらすじ解説を最後までお読みいただきありがとうございました。

<<おんな城主直虎前回8話へ*****次回10話へ>>

◆あなたにオススメ

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ