朝ドラべっぴんさん131話3月9日(木)あらすじ解説 さくらの出産

NHK連続テレビ小説2016年度後期「べっぴんさん」23週「あいを継ぐもの」flower_clover-png%e5%9b%9b%e8%91%89%e3%81%ae%e3%82%af%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%90%e3%83%bc

健太郎(古川雄輝)はキアリスを急成長させたいと
奔走するのですが、

すみれ(芳根京子)は焦らずもっと時間をかける
べきだと健太郎を諭すのですが、聞き入れられません。

スポンサーリンク

◆連続テレビ小説 べっぴんさん(131)2017年3月9日(木)
放送分のあらすじ解説

①キアリスを急成長させたいと奔走する健太郎(古川雄輝)は、
さくら(井頭愛海)が生まれてくるわが子を思って生み出した
キアリスの新キャラクターを利用しようと考える。

いよいよ新キャラクターが誕生するようですね。
これのモデルがスヌーピーだと思われます。

どんなキャラクターなのか楽しみです。
スヌーピーに似ているでしょうか。

②すみれ(芳根京子)は焦らずもっと時間をかけるべきだと
諭すが、健太郎は聞き入れない。

「スピードが重要」という古門(西岡徳馬)の言葉を猛信して
いる健太郎ですから、なかなかすみれの言葉は健太郎の耳には
届かないのでしょう。

心配ですね。

Sponsored Link

③それからしばらくして、臨月を迎えたさくらは無事に女の子
を出産する。

良かったですねえ。
孫は本当に可愛いですから、すみれも紀夫(永山絢斗)も、君江
(土村芳)夫婦も夢中になることでしょう。

それによるトラブルも起こりそうです。

④孫の誕生に喜ぶすみれたち。健太郎が生まれてきたわが子に
つけた名は…

藍です。どうして藍という名前をつけたのでしょう。

今週の題名は「あいを継ぐもの」ですが、このあいは、愛のような
気がしますが。

 

◆朝ドラべっぴんさん131話の主な出演者など

出演 芳根京子,高良健吾,菅野美穂,蓮佛美沙子,谷村美月,百田夏菜子,土村芳,永山絢斗,田中要次,平岡祐太,松下優也,井頭愛海,古川雄輝,森永悠希,西岡徳馬 語り:菅野美穂 原作・脚本:渡辺千穂

朝ドラキャストべっぴんさん>>登場人物・史実のモデル・演者一覧 

朝ドラべっぴんさん>>あらすじ解説一覧

朝ドラべっぴんさん>>関連記事一覧

★段落①~④のあらすじと出演者はYahooテレビガイド
(http://tv.yahoo.co.jp/listings/realtime/)からの引用。
参考書籍はNHKドラマガイド「べっぴんさん」等。
あらすじ解説を最後までお読みいただきありがとうございました。

<<べっぴんさん前回130話へ***次回132話へ>>

NHK大河ドラマおんな城主直虎キャスト>>登場人物と出演者一覧

NHK大河ドラマおんな城主直虎>>あらすじ解説一覧

◆あなたにオススメ

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ