朝ドラべっぴんさん136話3月15日(水)あらすじ解説ようこそあかちゃん

flower_clover-png%e5%9b%9b%e8%91%89%e3%81%ae%e3%82%af%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%90%e3%83%bc

すみれ(芳根京子)たちは映画版キアリスガイド
「ようこそ赤ちゃん」の制作に挑みます。

プロカメラマン・亀田(上地雄輔)の助けで、
ついにクランクインを迎えるのです。

スポンサーリンク

◆連続テレビ小説 べっぴんさん(136)2017年3月15日(水)
放送分のあらすじ解説

①次世代に渡すバトンとしての映画版キアリスガイド
「ようこそ赤ちゃん」の制作に挑むすみれ(芳根京子)たち。

「ようこそ赤ちゃん」という映画のタイトルを考えたのは
すみれです。

すみれの役目は、全体を見て、アイデアを提案することの
ようですね。

②プロカメラマン・亀田(上地雄輔)の助けで、無事にクランク
インを迎える。

明美の脚本が真っ先に必要ですが、栄輔の助けが大きかった
ようで、とても良い物ができました。

そういえば、さくら(井頭愛海)が小さいとき、栄輔はよくさくら
と遊んでくれたり、世話をやいてくれていましたから、子供のこと
がよくわかるのかも知れません。

脚本を読んだ紀夫(永山絢斗)が目に涙を浮かべて感動するほど
良い脚本に仕上がったのです。

Sponsored Link

③明美(谷村美月)の誘いであまり気乗りしないまま制作を手伝う
ことになった栄輔(松下優也)だったが、一歩先を読む段取りの
良さで力を発揮しいく。

いつも流行の先端を行っていた栄輔ですからね。
でも自分の先を読むことはできなかったようです。

でもCMや、ファッション関係の出演をよく経験していますから
ずいぶん役に立つようですよ。

会社が倒産して、意気消沈している時でしたから、映画の制作は
良い気分転換になり、またなにかやりたくなるのではないでしょうか。

④一方、栄輔の志を引き継ぎたいと考えていた潔(高良健吾)は、
ある新事業を始めようとしていた。

日本中の男をカッコよくしたいという栄輔の思いを引き継ごうと、潔
は新たに紳士服のブランドを立ち上げようとするのです。

栄輔のエイスのファッションを学んだ若者たちが、大人になって、
サラリーマンになったとき、着たいと思うようなカッコイイスーツ
を売ろうというのです。

なんというグッドアイデアでしょう。
それは、きっと成功すると思います。

 

◆朝ドラべっぴんさん136話の主な出演者など

出演:芳根京子,高良健吾,菅野美穂,蓮佛美沙子,谷村美月,百田夏菜子,土村芳,永山絢斗,田中要次,平岡祐太,松下優也,中島広稀,井頭愛海, 古川雄輝,森永悠希 語り:菅野美穂 原作・脚本:渡辺千穂

朝ドラキャストべっぴんさん>>登場人物・史実のモデル・演者一覧 

朝ドラべっぴんさん>>あらすじ解説一覧

朝ドラべっぴんさん>>関連記事一覧

★段落①~④のあらすじと出演者はYahooテレビガイド
(http://tv.yahoo.co.jp/listings/realtime/)からの引用。
参考書籍はNHKドラマガイド「べっぴんさん」等。
あらすじ解説を最後までお読みいただきありがとうございました。

<<べっぴんさん前回135話へ***次回137話へ>>

NHK大河ドラマおんな城主直虎キャスト>>登場人物と出演者一覧

NHK大河ドラマおんな城主直虎>>あらすじ解説一覧

◆あなたにオススメ

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ