おんな城主直虎あらすじネタバレ12話「おんな城主直虎」3月26日(日)

直親(三浦春馬)たち一行は、今川からの呼び出しjob_japan_amasan-png%e5%b0%bc%e3%81%95%e3%82%93
に応じて駿府へ向かいます。

次郎法師(柴咲コウ)の必死の祈りもむなしく、
道中の掛川城の手前で今川勢に取り囲まれ・・・。

スポンサーリンク

◆おんな城主 直虎(12)直親絶命 2017年3月26日(日)
放送分のあらすじ解説

①今川からの呼び出しに応じ、駿府へ向かった直親(三浦春馬)
たち一行は、次郎法師(柴咲コウ)の必死の祈りもむなしく、道中
の掛川城下で今川勢に取り囲まれる。

まず奥山朝利の息子の孫一郎(平山雄介)があえなく討死すると
直親をかばって前に出た直親家人の今村藤七郎(芦澤興人)も
斬られてしまうのです。

残ったお供の者も次々に斬られ、ついに直親も力尽きて絶命して
しまいます。

今川は初めからそのつもりだったのです。

②しの(貫地谷しほり)は、こんな事態を引き起こしたのは次郎
法師だと責めたてる。

たしかに次郎法師が瀬名(菜々緒)の命乞いをしたために今川から
目をつけられたのです。

しかし、次郎法師が命乞いをしなくても、誰かがしたに違いない
のだから、次郎法師が責めを負うことはないと、誰かが言って
いました。 その通りでしょう。

瀬名姫は井伊家の親戚で、松平元康(阿部サダヲ)の妻ですから、
井伊家が元康(徳川家康)に寝返るかも知れないとわなをしかけ
たのです。

Sponsored Link

③今川から嫡男・虎松の命も差し出すようにと命じられた井伊家。

今川はよほど井伊家が心配なのですね。直親の葬儀が終わった頃
に、今川の使いの者が「虎松を殺せ」という書状を持ってきます。

南渓和尚(小林薫)と井伊直平(前田吟)は、それを予想して
虎松を逃がす算段をしていました。

しかし、しの(貫地谷しほり)がまだ幼い虎松と別れるのを
ためらっていたのです。

そのため今川の目付役である新野左馬助(苅谷俊介)が、切腹
覚悟で今川に虎松の命乞いに行くと言いだします。

今川の目付なのに、本当に井伊家のために働いた人でした。

④新野左馬助(苅谷俊介)は虎松の助命を願うため、駿府へ向かう
が、引き換えに思いもよらぬことを仰せつかる。

引き換えに仰せつかったこととは、松平元康の首を持ってくれば
虎松の命は助けると言うのです。

そこで、新野左馬助、井伊直平、中村直由(筧利夫)たちは松平元康
攻略の戦に参戦しますが、3人とも死去してしまうことになります。

いよいよ南渓和尚が、虎松の後見に次郎法師を推挙して、おんな城主
直虎が誕生します。

次郎法師は、亀(直親)の魂をその身に宿し、亀となって生きて
行くことを選んだのです。

 

◆おんな城主直虎第12話の主な出演者など

出演:柴咲コウ,三浦春馬,高橋一生,財前直見,貫地谷しほり,苅谷俊介,筧利夫,市原隼人,山口紗弥加,矢本悠馬,田中美央,小松和重,梅沢昌代,平山祐介,芹澤興人,蔵本康文,菅原大吉,橋本じゅんほか 語り:中村梅雀 原作・脚本:森下佳子 音楽:菅野よう子

NHK大河ドラマおんな城主直虎キャスト>>登場人物と出演者一覧

NHK大河ドラマおんな城主直虎>>あらすじ解説

★段落①~④のあらすじはYahooテレビ番組
http://tv.yahoo.co.jp/listings/realtime/
からの引用、参考書籍はおんな城主直虎ガイドブック等です。
あらすじ解説を最後までお読みいただきありがとうございました。

<<おんな城主直虎前回11話へ*****次回13話へ>>

 

◆あなたにオススメ

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ