朝ドラひよっこあらすじ解説第2週「泣くのはいやだ、笑っちゃおう」 4月10日(月)〜4月15日(土)

東京オリンピックが開催された昭和39年(1964年)hiyokoひよこ
は、空前の建設ラッシュでした。

新幹線や高速道路などができて、オリンピックの
競技場となった国立代々木競技場や日本武道館も
この年に完成したのです。

なんとなく、来る2020年の東京オリンピックも気
になるこの頃です。

さて ひよっこの第2週のあらましは。

1964年の秋、みね子(有村架純)の幼なじみ・時子(佐久間由衣)
と三男(みつお/泉澤祐希)は、卒業後、東京で働くことに決まって
いました。

東京オリンピックの聖火リレーが茨城の中心部を走ると知った三男は
自分が奥茨城で生きていた証しを残したいと、聖火リレーは奥茨城
村を通らないけれど、村でも独自に開催しようと2人に相談します。

幼なじみ3人が聖火リレーの実現に向けて奔走していたとき、
東京の実(沢村一樹)に宛てた手紙が「宛先不明」で戻ってきて
しまうのが第2週目のあらましです。

では1話ずつのあらすじ解説をしていきましょう。

スポンサーリンク

◆連続テレビ小説 ひよっこ(7)2017年4月10日(月)

❖稲刈りが終わり、実(沢村一樹)が東京に戻る日。
みね子(有村架純)は朝食の席で明るく振る舞い、ちよ子(宮原和)
と進(高橋來)にも笑顔でいるように言い聞かせる。

✱稲刈りが終わったのではまた東京に戻らなければなりません。
実の弟である宗男おじさん(峯田和伸)に言われたように

いよいよ実が東京に戻る日の朝、みね子は寂しくならないように
朝食の席で明るく振る舞い、ちよ子にも笑顔でいるよう言い
聞かせるのでした。

お父さんを悲しませないようにという配慮、やさしい家族なんです。

実もまた名残惜しそうに、バス停までの道を美代子(木村佳乃)の
手を握って歩くのです。

ずいぶん仲の良い家族なんですね。私の父はとても厳しい人だった
ので、出稼ぎに行ってくれればいいのになんて思ったものでした。
今思うとなんて冷たい子供だったのでしょう。

実は東京に戻ると、真っ先に赤坂の洋食屋「すずふり亭」を訪れ、
ポークカツのお礼に、妻の美代子が作ったお料理の重箱を届けます。

そして、また来るときに重箱を返してもらえばいいからと、すずふり
亭に重箱を預けて職場に向かいます。

そのころ三男(泉澤祐希)は、授業も上の空で一人奥茨城村の聖火
リレーのことを思いつめていました。

出演:有村架純,沢村一樹,木村佳乃,佐久間由衣,泉澤祐希,
津田寛治,宮原和,高橋來,やついいちろう,磯村勇斗,佐藤仁美,
佐々木蔵之介,古谷一行,宮本信子,
語り:増田明美  原作・脚本:岡田惠和

◆連続テレビ小説 ひよっこ(8)2017年4月11日(火)

❖三男(泉澤祐希)は奥茨城村での聖火リレーを提案し、みね子
(有村架純)、時子(佐久間由衣)と計画を立て始める。一方、
実への郵便が「宛先不明」で戻ってきて…。

★時子は三男に話があると呼び出されます。
それは全国を巡回していた東京オリンピックの聖火リレーを、
奥茨城村でも独自にやろうという提案でした。

三男は時子に片思いをしていたので、このチャンスにまず時子に
聖火リレーの話をしたいと思ったのでしょう。

ところが、「話がある」などと呼び出されたので、時子はついに
三男が時子に告白をするのかと思って構えていたのでした。

三男が時子に惚れているのは、もちろん時子は気付いていました
からね。

でも、この時三男はそんな話はせず、奥茨城村での独自の聖火
リレーについて、熱く語っただけだったので、時子は、自分の
勘違いに恥ずかしくなるのでした。

告白をしなかったことで、どうにかしたのでしょうか。
みね子にとりなされ、時子は村にいた証しを残したいという三男に
協力することになります。

みね子の祖父・茂(古谷一行)に相談すると、実現するには青年団
の協力が必要だと言われ、3人はさっそく計画を立て始めます。

一方、実への郵便が「宛先不明」で戻ってきて、みね子の運命が
変る時がくるのです。

出演:有村架純,沢村一樹,木村佳乃,羽田美智子,柴田理恵,
佐久間由衣,泉澤祐希,遠山俊也,宮原和,高橋來,朝倉伸二,
尾上寛之,渋谷謙人,古谷一行,
語り:増田明美  原作・脚本:岡田惠和

Sponsored Link

◆連続テレビ小説 ひよっこ(9)2017年4月12日(水)

❖みね子(有村架純)たちは聖火リレーの準備を着々と進める。
一方、美代子(木村佳乃)は実(沢村一樹)の宿舎に電話をかける
が、突然いなくなったと聞かされて…。

★「青年団はしっかりした計画書がなければ、聖火リレーを採用し
ないぞ」と茂に言われ、みね子たちは聖火リレーの計画を立てるため、
高校の先生たちに奥茨城村の歴史やトーチの作り方などを取材します。

改めて奥茨城村のことが良く分かるようになるでしょうね。
良い思いつきです。

一方、美代子は、実への手紙が届かなかったことが気になって、
東京の宿舎に電話をかけてみますが、荷物も置いたまま突然いなく
なったと言う管理人の言葉にショックを受けるのでした。

そのころ、みね子は叔父の宗男(峯田和伸)と学校帰りに出会って
どことなく違和感を感じました。

いつもなら、気楽に声をかけてくれるのに、今回は何となくよそよそ
しかったのでしょう。

実のことは大人の秘密にしていたからです。

出演:有村架純,沢村一樹,木村佳乃,佐久間由衣,泉澤祐希,峯田和伸,
津田寛治,松尾諭,宮原和,高橋來,城戸光晴,古谷一行,
語り:増田明美  原作・脚本:岡田惠和

◆連続テレビ小説 ひよっこ(10)2017年4月13日(木)

❖実(沢村一樹)が突然いなくなったとわかり、美代子(木村佳乃)
は東京へ様子を見に行くことに。みね子(有村架純)ら子どもたち
には親戚の家へ行くと言って出かける。

★実が突然いなくなったと知り、美代子と茂は宗男(峯田和伸)も
呼んで対策を話し合います。

宗男は、東京へ様子を見に行ってはどうかと美代子に提案します。

美代子は翌朝早く、子どもたちには福島の親戚の家に行くと言って
泊りがけで出かけます。

しかし、高校へ行くバスの中で、みね子は車掌の次郎(松尾諭)
から、「美代子が乗ったのは東京へ向う列車のはずだ」と聞かされ
不安になってしまいます。

さすが田舎の村の車掌さんですね。村人のことはみんな知っている
のでしょう。こういう人がいれば、不審者もすぐわかりますよね。

出演:有村架純,沢村一樹,木村佳乃,佐久間由衣,泉澤祐希,
峯田和伸,松尾諭,宮原和,高橋來,城戸光晴,古谷一行,
語り:増田明美  原作・脚本:岡田惠和

Sponsored Link

◆連続テレビ小説 ひよっこ(11)2017年4月14日(金)

❖実(沢村一樹)と連絡が取れなくなり、一人東京に向かう美代子
(木村佳乃)。親戚の家に行くと聞いていたみね子(有村架純)は、
それがうそだと知って不安でたまらなくなる。

★実を探しに、一人東京に向かった美代子は、実のいた宿舎や工事
現場、警察署、どこを訪ねても出稼ぎ労働者の失踪はよくあると聞
かされ、たまらない気持ちになるのでした。

確かに当時は出稼ぎ労働者が溢れていましたから、行方不明ぐらい
ではとりあってもらえなかったようです。

私の故郷の青森県でも、出稼ぎに行ったお父さんが行方不明になった
という話はよくあったように記憶しています。

出稼ぎの労働がきつくて、家にお金を送らなくてはならないのも
大変で、逃げ出してしまう人が結構いたのです。

一方、親戚の家に行くと聞いていたみね子は、バスの車掌・次郎から
美代子が本当は東京行きの列車に乗ったと知らされます。

不安に駆られたみね子は、思い切って茂にその理由を聞くのですが、

茂は「親が子供にウソをつくときは、理由があるのだ、子供のため
を思ってウソをつくんだから、母ちゃんが本当のことを言うまで
まて待ってやれ」といいます。

なんて思いやりのある舅でしょう。こんな人ばかりなら、嫁舅の
問題も怒らないでしょう。

そう言えば、80歳で亡くなった私の舅も、嫁姑の問題が起きたとき
嫁の私をよくかばってくれました。

男性は息子のお嫁さんにはやさしいのかもしれませんね。

出演:有村架純,木村佳乃,佐久間由衣,泉澤祐希,宮原和,
高橋來,竜星涼,古谷一行,
語り:増田明美  原作・脚本:岡田惠和

◆連続テレビ小説 ひよっこ(12)2017年4月15日(土)

❖警察署で茨城出身の警察官・綿引(竜星涼)に声をかけられる
美代子(木村佳乃)。長い一日の最後に、鈴子(宮本信子)と省吾
(佐々木蔵之介)が営むすずふり亭を訪れる。

★みね子は明るく振る舞いながら美代子の帰りを待ちます。

茂に、子供のことを思ってウソをついているという美代子の気持ち
を思って明るくしているのでしょう。

そのころ、美代子は東京赤坂の警察署で、じゃけんに扱われて途方
に暮れていると、茨城出身の警察官・綿引から声をかけられます。

影で話を聞いていた綿引が、同郷のよしみで、実(沢村一樹)を
捜すのを手伝いたいというのです。

捨てる神あれば拾う神ありで、良い人に巡り合って良かったですね。

この綿引正義はみね子とも時々会うことになります。

しかし、みね子自身が綿引に恋していると気づくのは、綿引が
家庭の事情で茨城に帰ってしまった後でした。

この恋の行方は今のところわかりません。

美代子は帰郷の前、赤坂の「すずふり亭」を訪ねます。

店主の鈴子とその息子の省吾から、家族の話を楽しそうにしていた
実が失踪するはずがないと慰められるのです。

どうして実は福江不明になってしまうのでしょう。記憶喪失で
しょうか。まだまだわかりません。

出演:有村架純,沢村一樹,木村佳乃,宮原和,高橋來,
やついいちろう,磯村勇斗,佐藤仁美,竜星涼,佐々木蔵之介,
古谷一行,宮本信子,
語り:増田明美  原作・脚本:岡田惠和

★あらすじと出演者などの出典はNHKオンラインやYahooテレビガイド
参考書籍はNHKドラマガイド等です。
あらすじ解説を最後までお読みいただきありがとうございました。

ひよっこ>>
「ひよっこ関連記事」の記事一覧
「ひよっこあらすじ解説」の記事一覧
朝ドラひよっこ故郷編!登場人物とキャスト&あらすじ概略
朝ドラひよっこ東京編!登場人物とキャスト

おんな城主直虎>>
「直虎関連記事」の記事一覧
NHK大河ドラマおんな城主直虎>>あらすじ解説一覧
NHK大河ドラマおんな城主直虎キャスト>>登場人物と出演者一覧

◆あなたにオススメ

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ