朝ドラひよっこあらすじ解説第4週「旅立ちのとき」4月24日(月)〜4月29日(土)

ひよっこ第4週のあらましです。hiyokoひよこ

みね子は正月に実(沢村一樹)が帰って来なかった
ら、代わりに東京に出て働くことを決意します。

大晦日に、みね子は妹や弟と一緒にバス停で実を
待ち続けるのですが、今年の最終バスにも乗って
いませんでした。

いよいよみね子は東京に出ることになりますが、
とっくに就職活動の時期は過ぎていました。

担任の田神先生(津田寛治)がみね子の就職先を探
して、電話をかけまくってくれます。

その結果、なんと、時子(佐久間由衣)の就職先
であるトランジスタ工場に欠員ができたとの知らせ
が届きます。

みね子と一緒に働けることになった時子は、泣いて
喜ぶのでした。

卒業式を終えたみね子たちは、いよいよ東京への
「旅立ちのとき」を迎えます。

スポンサーリンク

◆連続テレビ小説 ひよっこ(19)2017年4月24日(月)

❖実(沢村一樹)が帰ってくると言っていた正月が近づく。そして
大みそか、みね子(有村架純)がちよ子(宮原和)・進(高橋來)
とバス停で実の帰りを待っていると…。

✱年の瀬が迫り、みね子の家族たちが冬支度に精を出していると
時子の母の助川君子(羽田美智子)が訪ねて来て、美代子(木村佳乃)
にお金を渡そうとします。

実からの送金が止まって苦しい家計を思ってくれているのです。

三男(泉澤祐樹)の父の角谷征雄(朝倉伸二)も茂(古谷一行)が
作った炭をたくさん買ってくれたり、

君子は大量の食糧を「お歳暮」と言って届けてくれたり、谷田部家
の事情を知っている人達はさりげなく助けてくれていたのです。

それなのに、さらにお金を持ってきてくれた君子に、美代子は
受け取れないと言うのですが、君子はめげずにもう一度やって来ます。

なんと親切な人達なんでしょう。

そういえば、あの頃は私の故郷の青森県でも、今よりはずっと
ご近所が助け合っていましたね。

そして大みそか。正月に帰ると言った実の言葉を信じ、みね子は
ちよ子と進達とバス停で今年の最終バスを待ったのですが、
とうとう実は帰って来ませんでした。

出演:有村架純,木村佳乃,羽田美智子,松尾諭,宮原和,高橋來,
城戸光晴,古谷一行, 語り:増田明美

◆連続テレビ小説 ひよっこ(20)2017年4月25日(火)

❖実(沢村一樹)が正月に帰ってこなかったことで、東京に働き
に行くと決めたみね子(有村架純)。しかし、就職の季節は
とっくに過ぎていると知って焦り始める。

✱実がとうとう正月に帰って来なかったので、みね子は、東京に働き
に行くことをちよ子(宮原和)と進(高橋來)にも話します。

2人は驚いて、何も言えませんでした。
ということは、子供なりに仕方ないと理解したのでしょうね。

正月の挨拶に来た叔父の宗男(峯田和伸)は、みね子に「あんまり
背負い込まないで自由に生きろ」と言い、ビートルズの話をします。

新学期、みね子の東京行きを聞いた時子(佐久間由衣)と三男
(泉澤祐希)は心配そうな表情をします。

それは、就職の季節はとっくに過ぎていたからです。
それを知ったみね子は焦り始めるのでした。

放課後、みね子が田神先生に事情を話して、「どんな仕事でもいい
がら探してほしい」と頼むと

先生は「お前は先生の大切な教え子だ、そんなわげにいくか」と
たしなめられ、みね子は自分の甘さを反省するのです。

この先生もいい人ですね。思い出すと、当時の先生はこんな人が
多かったような気がします。いじめ問題もなかったし。

それにしても、みね子の周りはいい人ばっかり過ぎやしませんか。
いじめほどではなくても、いやな奴は必ず少なからずいると思う
のですが。

出演:有村架純,木村佳乃,佐久間由衣,泉澤祐希,峯田和伸,
津田寛治,宮原和,高橋來,しずちゃん,奥田洋平,和久井映見,
古谷一行, 語り:増田明美

Sponsored Link

◆連続テレビ小説 ひよっこ(21)2017年4月26日(水)

❖みね子(有村架純)は、美代子(木村佳乃)と茂(古谷一行)
に、担任の田神先生(津田寛治)が就職先を探してくれると話す。
その夜、みね子の家を突然田神が訪ねてくる。

✱みね子は、美代子と茂に、就職の季節は過ぎているが担任の
田神先生が探してくれていると話します。

不安な気持ちを切り替えて夕飯の支度を手伝いながら、みね子は
田神先生の連絡を待つのでした。

一方、田神先生は大事な教え子のために遅くまで残って就職先を探
すために、付き合いのある会社に電話をかけ続けます。

すると、その夜、田神先生が慌てた様子で谷田部家を訪ねて来ます。
そして、話を聞いたみね子は急いで家を飛び出し、時子
(佐久間由衣)の家に向かいます。

なんと、時子の就職先のトランジスタ工場に欠員ができ、みね子も
そこで働けることになったのです。

それを聞いた時子は泣いて喜ぶのでした。
そして本当は一人で東京に行くのがとても怖かったことを打ち明け
ます。

2人の様子を見て、時子の両親と兄は、ようやく時子の東京行を
応援する決心をするのでした。

みね子が一緒と知って安心したのでしょうね。

出演:有村架純,木村佳乃,羽田美智子,佐久間由衣,泉澤祐希,
津田寛治,遠山俊也,宮原和,高橋來,渋谷謙人,原扶貴子,
奥田洋平,和久井映見,古谷一行,語り:増田明美

 

◆連続テレビ小説 ひよっこ(22)2017年4月27日(木)

❖みね子(有村架純)・時子(佐久間由衣)・三男(泉澤祐希)
の、高校卒業の日。みね子は、高校生活最後の日を心に刻むため、
泣かないと決めて卒業式に出るが…。

✱高校の卒業式の日、みね子は、この日のためにしまっておいた、
実(沢村一樹)にもらった靴を履いて出かけます。

高校生活最後の日をしっかり心に刻むため、泣かないと決めて卒業式
に出るのですが…。きっと泣いてしまうことでしょうね。

一方、みね子を送り出した美代子(木村佳乃)はこんな朝の風景も
最後だと思いながら、しんみり畑仕事をしていると

君子(羽田美智子)ときよ(柴田理恵)が訪ねてきて、3人でお茶
を飲みながら、思い出話が始まります。

母親たちは、3人が東京に巣立っていくことで、感傷的になって
しまい、一番強そうな三男の母・きよ(柴田理恵)が泣き出します。

それは、3男坊の三男に里心をつけさせまいと、いつも
「さっさと働げ」しか言わない母親だったので、三男に嫌われて
いるだろうと思っていたからでした。

でも美代子と君子に「そんなことあるわけねえよ」と励まされ、
さらに号泣してしまいます。

それにつられて美代子と君子も泣き出してしまい、その頃卒業式
を終えた、みね子も大泣きしていたのです。

全くよく泣く人達ですねえ。

茨城から東京はそれほど遠いわけではないし、中卒で親元を離れる
なら心配ですが、高校を卒業しているのですから、大学に行くと
思えば、それほど心配でもないでしょう。

大学に行かせるのと就職させるのとは親の気持ちは違うのかも
しれませんね。

私が群馬の田舎から娘と息子を東京の大学に出した時は、うれし
かったですね。

引っ越しも全部自分で決めて、出て行き、親はお金を出しただけ
でした。お小遣いはアルバイトで稼いてくれましたし。

出演:有村架純,木村佳乃,峯田和伸,羽田美智子,柴田理恵,
佐久間由衣,泉澤祐希,松尾諭,遠山俊也,朝倉伸二,尾上寛之,
渋谷謙人,宮原和,高橋來,城戸光晴,古谷一行,
語り:増田明美

Sponsored Link

◆連続テレビ小説 ひよっこ(23)2017年4月28日(金)

❖みね子(有村架純)が奥茨城で過ごす最後の夜。美代子
(木村佳乃)は、すずふり亭のマッチと手作りの赤いコートを
みね子に手渡す。そして、旅立ちの朝になって…。

✱みね子は東京に発つ日の前夜。ちよ子(宮原和)と進(高橋來)に、
離れて暮らすことになるから、おねえちゃんが今までやっていた
ことをやるように、またなんでも手紙で知らせるように、言い聞か
せるのでした。

美代子は、すずふり亭のマッチと手作りの赤いコートをみね子に
手渡します。ずずふり亭のマッチは幸運のお守りだと言って。

みね子は明日東京へ行く時に着ていくと母の手作りのコートを喜
びます。

そして、今夜だけはと甘えて、美代子と同じ布団で眠りにつきます。

いよいよ旅立ちの朝。みね子と時子(佐久間由衣)、三男
(泉澤祐希)の家族がバス停まで見送りに来て、出発ギリギリまで
別れを惜しむのでした。

出演:有村架純,木村佳乃,羽田美智子,柴田理恵,佐久間由衣,
泉澤祐希,松尾諭,遠山俊也,朝倉伸二,尾上寛之,渋谷謙人,
宮原和,高橋來,城戸光晴,古谷一行,語り:増田明美

◆連続テレビ小説 ひよっこ(24)2017年4月29日(土)

❖みね子(有村架純)と時子(佐久間由衣)、三男(泉澤祐希)
は集団就職列車で東京へ向かう。列車のなかで、福島の中学を
出たばかりの澄子(松本穂香)に出会う。

✱みね子と時子、三男は、担任の田神先生(津田寛治)に連れられ、
集団就職列車で東京へ向かいます。

田神先生の引率ですから、安心です。みね子たちは、列車内では
安心していられたと思われます。

みね子は、列車のなかでお弁当も持たずに一人でうつむいている
澄子(松本穂香)が気になり声をかけます。

この子の名字は青天目(なばため)というめずらしい名字なんです。
作者の岡田恵和氏は、その地方に特色のある名字をつけた
と言っていますが、

青天目さんは、めずらしいですが全国的には福島県には一番多い
ようです。

福島から来たという澄子の就職先は、みね子・時子と同じ工場だと
わかりみね子たちは仲間が増えて喜びます。

そして一行は夕方に上野駅に着きます。
あまりの人の多さに皆驚き、緊張していると、米屋の店主・安部
善三が現れ、田神先生にせっかちに挨拶をすると三男を連れ去り

やがて、向島電機の女子寮の舎監・愛子(和久井映見)が遅れて
迎えに来ます。

出演:有村架純,佐久間由衣,泉澤祐希,津田寛治,松本穂香,
斉藤暁,富岡英里子,和久井映見,語り:増田明美

 

★あらすじと出演者などの出典はNHKオンラインやYahooテレビガイド
参考書籍はNHKドラマガイド等です。
あらすじ解説を最後までお読みいただきありがとうございました。

ひよっこ>>
「ひよっこ関連記事」の記事一覧
「ひよっこあらすじ解説」の記事一覧
朝ドラひよっこ故郷編!登場人物とキャスト&あらすじ概略
朝ドラひよっこ東京編!登場人物とキャスト

おんな城主直虎>>
「直虎関連記事」の記事一覧
NHK大河ドラマおんな城主直虎>>あらすじ解説一覧
NHK大河ドラマおんな城主直虎キャスト>>登場人物と出演者一覧

◆あなたにオススメ

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ