ひよっこ田神先生は亡き恩師に似てて泣ける!津田寛治はどんな人?

みね子たちの担任の田神学(たがみ まなぶ)先生hiyokoひよこ
カッコ良かったですね。

お正月にお父さん(沢村一樹)が実家に帰って来ず
みね子がいよいよ東京に働きに出ると決心して
担任の田神先生(津田寛治)に就職先を探してもら
いに行きました。

そのときは、もう就職活動の時期は終わっていま
したからみね子は、どんな仕事でもいいから探して
と言いましたが、

田神先生は、「そんなわげにいぐか。お前は先生の
大事な教え子だ。なんでもいいとか言うんじゃねえ」
とみね子を叱ります。

ぐっと来ましたねえ。

そんな田神先生を見ていて、私の小学校時代の先生
を思い出しました。

スポンサーリンク

◆懐かしい昭和時代の亡き恩師の思い出

田神先生は、私の小学校時代の担任の先生にそっくりなんです。
もう60年近くも昔のことで、とっくに先生は亡くなっていますが。

私の小学校は、桜とお城で有名な弘前公園の中にありました。
現在は移転してしまって、そこは植物園になっています。

桜が大好きになったのは、学校が弘前公園の中にあったせい
だろうと思います。

毎年桜の季節になると、浮かれてしまい、昼休みになると
数人で学校を抜け出して公園に遊びに出かけました。

当時の学校は、自由だったのですね。

午後の授業までに戻れば問題はなかったのですが、ある日
あまりに桜とつつじが美しくて、遊びほうけて、しまい
午後の授業にかなり遅れてしまいました。

担任の先生は、学級委員の私が仲間を引き連れて行ったの
で、「責任をとってひとりで立っていなさい」とおっしゃい
ました。

無事帰ってきて良かったと安心した様子でしたが、口調は
厳しかったです。

その頃はよくみんな廊下に立たされていたのですが、私の
先生は、黒板のすぐ前に私を立たせて、授業中も私が理解
できているか確認しながら授業を進めてくれました。

先生のやさしさがわかり、もう心配をかけないように
しようと、そばで泳いでいた金魚ばちの赤い金魚に誓った
ことを覚えています。

授業が終わって席に戻る事を許されましたが、その時は一言も
りませんでした。

それ以後は、学級委員としてしっかり役目を果たす、生徒に
なれたと思います。

先生が生徒を思う気持ちは小学生の子供にもよくわかるのです。

当時は私の先生や田神先生のような先生が多かったような気が
します。

時代が違うのでしょうか、深刻ないじめ問題などもありません
でした。多少のけんかやいざこざはありましたけれど。

今となっては懐かしい、貴重な思い出です。

田神先生は、これからも集団就職で上京する生徒達を引率
したり、その後の様子を気にしたり、大切な教え子たちの
ために尽力してくれるようです。

そんな良い先生を演じる津田寛治(つだ かんじ)さんは
どんな人なんでしょう。

Sponsored Link

◆津田寛治について

❖津田寛治の画像

仮面ライダー龍騎 津田寛治 インタビュー – YouTube

❖津田寛治のプロフィール

津田 寛治(つだ かんじ)
生年月日:1965年8月27日(51歳)
出生地:福井県福井市
身長:173 cm 血液型:AB型
職業:俳優、映画監督 ジャンル:映画、テレビドラマ、舞台
活動期間:1993年 -活動内容:1993年デビュー
配偶者:あり
著名な家族:二児あり
事務所 :ラ・セッテ(出典:ウィキペディア)

❖津田寛治芸能界入りのきっかけと略歴

幼いころから映画が好きで、映画俳優を目指して上京します。

福井市大東中学校を卒業後、福井高等学校を中退していますから
高校を卒業せず上京したようですね。

それほど俳優になりたかったのでしょう。

アルバイトをしながら小劇場系の劇団員として活動していました。

都内の録音スタジオ内にある喫茶店でアルバイトをしていたとき、
運よく北野武が来店したので、このチャンスをのがさず、売り込
んで北野武監督作品「ソナチネ」で喫茶店のボーイ役でデビュー
します。

喫茶店のボーイ役とはそのまんまで笑えますね。

1993年デビューは28歳の時ですから、アルバイト時代が長かった
ですね。

そのせいか、デビュー後は、映画やテレビドラマ、舞台、アニメ
ーション作品での声優など、どんな作品でも断らず何にでも出演
したそうです。

そうですよ。何でもやってみなくちゃわからないですからね。

また、自ら監督・脚本した映画(カタラズノマチデ)なども認め
られるようになりました。

そして、2015年にはドラマ『食の軍師』で、連続ドラマ初主演を
果たすなど活躍を続けています。

ブルーリボン賞などの受賞も複数あり、将来も安定している俳優
ですね。人物も面白そうです。

 

❖津田寛治のエピソード

●エピソード1.津田寛治と羽田美智子の共演が多い

ひよっこでもヒロイン谷田部みね子(有村架純)の友人時子
(佐久間由衣)の母親役の羽田美智子と共演と言えば言えます。

過去の共演は、

2006年に警視庁捜査一課9係でコンビとして共演、
2007年映画「Watch with Me 卒業写真」で夫婦役、
2010年放送の昼ドラマ花嫁のれんでも夫婦役、
2017年NHK連続テレビ小説「ひよっこ」でヒロインの担任とみね子
の親友・時子の母親役で共演。

今回で5回めの共演ですね。事務所も違うのに5回共演というのは
多い方でしょう。

どうして2人の共演が多いのかは分かっていないようです。

でも2人を見ていると恋人関係にはなりそうにないですね。
そこのところで監督が安心して共演させることができる
のではないでしょうか。

●エピソード2.福井市観光大使に

2016年10月21日、出身地の福井市から「福井市観光大使」に委嘱
されました。有名になったからですね。

津田さんは福井市観光大使にあこがれていたようで
「ずっと念願だった。昨年他界した母も喜んでくれてるはず」と感激
もひとしお。
「子どものころよく通ったエキマエは、きらびやかなおとぎの国の
ようで大好きだった。ハピリンができた福井駅に降り立ち、
あのころの気持ちを思い出した。

新しくなった福井の駅前の面白さをアピールしていきたい」と力を
込めたそうです(福井新聞より)。

●エピソード3.『徹子の部屋』

津田寛治は過去に『徹子の部屋』のセットを作る大道具担当の
アルバイトをしていたことがあり、なんと、2010年6月30日
にゲストとして出演もしたのです。

その際セット作りとゲストの両方を体験したエピソードについて
番組の司会者である黒柳徹子自身がこれは大変珍しいことである
と語ったそうです。面白いですねえ。

なかなか良い俳優です。

ひよっこ>>
「ひよっこ関連記事」の記事一覧
「ひよっこあらすじ解説」の記事一覧
朝ドラひよっこ故郷編!登場人物とキャスト&あらすじ概略
朝ドラひよっこ東京編!登場人物とキャスト

おんな城主直虎>>
「直虎関連記事」の記事一覧
NHK大河ドラマおんな城主直虎>>あらすじ解説一覧
NHK大河ドラマおんな城主直虎キャスト>>登場人物と出演者一覧

◆あなたにオススメ

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ