朝ドラひよっこあらすじ解説第5週「乙女たち、ご安全に!」5月1日(月)〜5月6日(土)

ひよっこ第5週のあらましです。hiyokoひよこ

上野駅に着いたみね子(有村架純)・時子
(佐久間由衣)・澄子(松本穂香)は、別の列車で
着いた同じ工場で働く青森出身の兼平豊子
(藤野涼子)と出会います。

舎監の愛子(和久井映見)に連れられ、向島電機の乙女寮に着いた新人4人は、寮長の幸子(小島
藤子)と先輩の優子(八木優希)たちからコーラス
で歓迎を受けます。

工場での仕事は、トランジスタラジオの部品を流れ
作業で挿していくことですが、不器用なみね子は
何度もベルトコンベヤーを止めてしまいます。

その様子を見た時子が・・・。

スポンサーリンク

◆連続テレビ小説 ひよっこ(25)2017年5月1日(月)

❖みね子(有村架純)・時子(佐久間由衣)・澄子(松本穂香)
に青森出身の豊子(藤野涼子)が加わり、一行は寮の舎監・愛子
(和久井映見)と向島電機へやってくる。

✱みね子・時子・澄子は、同じ工場で働く豊子と上野駅で出会います。

舎監の愛子さんが別の列車でもう一人来ることを思い出して上野駅
に4人で戻ったのです。本当に愛子さんそそっかしいですね。

構内で待ちくたびれていたのが、兼平豊子でした。
青森の中学を出て優秀な成績だったという豊子は、経済的理由で
高校進学ができなかったのが残念でならないのでした。

成績が優秀だったことがよほどの自慢なのでしょうか。
初対面のみね子たちにも成績のことを聞くのです。

ちょっと嫌な感じですね。

どこかつっけんどんで怒っているような豊子の態度にみね子は
困惑気味です。

高校へ行けなかったことでイライラしているのでしょう。

乙女寮の舎監・愛子に連れられ、一行は墨田区の向島電機へ
やってきます。

墨田区の向島一帯は煙突が立ち並ぶ工場の町で、集団就職者が
東京で一番多い地区なのです。

工員たちが暮らす乙女寮に案内されたみね子たちを、山形県出身
の寮長・秋葉幸子(小島藤子)の指揮で寮生たちが歓迎の歌を
歌って出迎えてくれたのです。

 

新人の4人は思わず感激します。

素敵な歓迎ですね。そういえばこの寮にはコーラス部があって
音楽活動をしているのです。進歩的です。

出演:有村架純,佐久間由衣,小島藤子,八木優希,藤野涼子,松本穂香,陰山泰,和久井映見,
語り:増田明美  原作・脚本:岡田惠和

Sponsored Link

◆連続テレビ小説 ひよっこ(26)2017年5月2日(火)

❖みね子(有村架純)たちは、寮長の幸子(小島藤子)と優子
(八木優希)に部屋へ案内される。愛子(和久井映見)に工場の
制服を渡され、明日から働くのだと気が引き締まる。

✱みね子たちは、寮長の秋葉幸子と優子に部屋へ案内されます。
夏井優子は同室の先輩で、秋田県出身の可憐な秋田美人です。

見かけ通り身体が弱くて無理をするとすぐ寝込んでしまうようです。

寮の部屋は、みね子たち新人4人と幸子と優子の6人で12畳の広さ
です。一人当たり2畳、つまり畳(たたみ)2枚分ということです。

畳1枚が寝る場所、もう1枚に荷物を置くことになるでしょう。
ちょっと狭いけれど、何とかなる広さだと思われます。

時子は女優を目指すための本、澄子(松本穂香)は家族写真など、
荷物を片づけていると、愛子がやってきて工場の制服を手渡します。

 

明日からこれを着て働くのだと思うと、みね子たちは気が引き締
まるのでした。

豊子(藤野涼子)は幸子の様に、通信教育で高校卒業資格を取り
仕事で成績一番を目指すと言います。

新人一同は、幸子から寮生活について教えてもらい、明日からの
仕事に期待を膨らませるのでした。

出演:有村架純,佐久間由衣,小島藤子,八木優希,藤野涼子,松本
穂香,陰山泰,和久井映見,語り:増田明美 原作・脚本:岡田惠和

Sponsored Link

◆連続テレビ小説 ひよっこ(27)2017年5月3日(水)

❖初出勤したみね子(有村架純)たち。トランジスタラジオの基板
制作の工程を幸子(小島藤子)から教わる。1人の失敗が全体に
迷惑をかけると聞いて、みね子はひるむ。

✱みね子たちの初出勤の日。まずは幸子が仕事や心構えの説明を
してくれます。

ここではトランジスタラジオの基板を作っていて、3.5秒で部品を
挿す流れ作業だと聞き、みね子はその速さにひるんでしまいます。

早速、優子(八木優希)の手本を見ながら練習を始めるとそれを
見て幸子が担当を割り当てます。

 

どうやら、手際がいいのは上から順に、時子(佐久間由衣)、
豊子(藤野涼子)、みね子、澄子(松本穂香)と判定されるようです。

年下の豊子より下に見られてみね子は落ち込みます。

一方愛子(和久井映見)は、女子工員たちの仕事ぶりを見守ります。

愛子はライン長の松下(奥田洋平)に、「自分の仕事は、この子
たちが働きやすいよい環境にすること」だと語ります。

おっちょこちょいだけど、良い舎監ですね。みね子は良い会社に
就職したようです。

出演:有村架純,木村佳乃,佐久間由衣,宮原和,高橋來,小島藤子,
藤野涼子,松本穂香,八木優希,陰山泰,奥田洋平,和久井映見,
古谷一行 語り:増田明美  原作・脚本:岡田惠和

Sponsored Link

◆連続テレビ小説 ひよっこ(28)2017年5月4日(木)

❖みね子(有村架純)は何度もベルトコンベヤーを止めてしまい、
自分の失敗にいら立ちが募る。明るく励ましの言葉をかけてくる愛子
(和久井映見)にも腹を立ててしまう。

✱数日たっても、みね子は、仕事の失敗が続きます。

心配していた通り、不器用でうまく部品を挿せず、さらに慌てて
しまうのです。

何度もベルトコンベヤーを止めて叱られるのですが、そのたびに愛子
は「そのうち出来るようになるから大丈夫」と励まします。

 

だんだんいらだちが募っていくみね子は、特に明るく励ましてくれる
愛子に腹を立ててしまいます。

しかし愛子も昔、早く両親に死なれて、妹や弟を養うために、
同じ職場で働き、みね子のように不器用で何度もベルトコンベヤー
を止めて怒鳴られながらも、一日も休まず苦労して妹や弟を育て
あげたことを知って謝るのです。

愛子はみね子を見ると自分の過去を思い出して、励ましたくなるの
でしょう。

そんなとき、時子(佐久間由衣)が仕事中にわざとミスをします。

一番うまいはずの時子が、みね子のためにわざとミスをするのです。
そんなことってあるのでしょうか。

集団就職の仲間の友情はこんなにも強いのですね。感動です。

出演:有村架純,佐久間由衣,小島藤子,藤野涼子,松本穂香,
八木優希,陰山泰,奥田洋平,和久井映見,
語り:増田明美  原作・脚本:岡田惠和

 

◆連続テレビ小説 ひよっこ(29)2017年5月5日(金)

❖時子(佐久間由衣)と豊子(藤野涼子)は、時子がみね子
(有村架純)のためにわざとミスをしたことでけんかになる。
一方、みね子は会話を聞きながら寝たふりを続けていた。

✱時子と豊子は、時子がみね子のためにわざとミスをしたことが原因
でけんかになってしまいます。

豊子のとげのある物言いに、時子は腹を立てます。
「私は人とは違うんだ」と意地を張っていた、昔の自分を見ている
ようで嫌なんだそうです。

時子が人とは違うと思っていたことは、「自分は村一番の美人だ」
ということでしょうか。自他共に認める美人だということですから
仕方ないかも知れません。

ブスブスと言われ続けた私には理解できませんね。美人というのは
ある程度は遺伝で決まってしまうのですから、本人の努力だけでは
どうしようもないことですからね。

豊子が自分は人と違うと思っていることは、中学校で成績が優秀
だったことでしょう。成績がいいのは記憶力が良いことの現れ
ですから、これは遺伝にプラス努力が必要です。

 

でも成績が良い人なんて世の中にはたくさんいます。そんなこと
で人と違うなんて思うのはまだ若いですね。これからの成長が
楽しみです。

幸子(小島藤子)と優子(八木優希)はそんな二人に驚き、静かに
見守ります。今までそんなことは無かったのでしょうね。

一方、みね子は自分のことで2人がけんかを始めたので、寝たふり
を続けていました。

しかし、時子と豊子が取っ組み合いを始めたので、今目覚めたような
演技をしますが、ばれてしまいます。

さらに、澄子(松本穂香)が言った寝言で皆が大笑いになり、その場
がなごみ、豊子も時子を理解します。

さらに強い絆ができる新人4人です。

出演:有村架純,佐久間由衣,小島藤子,藤野涼子,松本穂香,
八木優希,奥田洋平,和久井映見,
語り:増田明美  原作・脚本:岡田惠和

Sponsored Link

◆連続テレビ小説 ひよっこ(30)2017年5月6日(土)

❖向島電機で初めての休日。赤坂の洋食屋へ行くというみね子
(有村架純)は、父が行方不明であることを仲間に打ち明ける。
一方、米屋で働く三男(泉澤祐希)は苦労していた。

✱みね子たちにとって初めての休日である日曜日がやって来ます。
さぞうれしいことでしょうね。

時子(佐久間由衣)はテレビ局へ、幸子(小島藤子)はデートへと
それぞれの予定を話します。

幸子の恋人は乙女寮にコーラスの指導にきている高島雄大
(井之脇 海)です。

優子(八木優希)と澄子(松本穂香)は疲れたので、寮で寝て曜日
を決め込みます。

赤坂の洋食屋に行こうと思うね子は、初めて乙女寮の仲間たちに、
父が行方不明であることを打ち明けます。

一方、日本橋の米屋で働く三男(泉澤祐希)は苦労していました。

店主の善三(斉藤暁)と娘のさおり(伊藤沙莉)の仲が悪いので、
いつも板挟みになっていたのです。

人の良い三男にとっては親子の仲が悪いのは気苦労でしょうね。
でも母のきよ(柴田理恵)に毎日どやされていましたから、
善三の気持ちはわかるのではないでしょうか。

出演:有村架純,佐久間由衣,泉澤祐希,小島藤子,藤野涼子,
松本穂香,八木優希,竜星涼,斉藤暁,伊藤沙莉,和久井映見,
語り:増田明美 原作・脚本:岡田惠和

★あらすじと出演者などの出典はNHKオンラインやYahooテレビガイド
参考書籍はNHKドラマガイド等です。
あらすじ解説を最後までお読みいただきありがとうございました。

ひよっこ>>
「ひよっこ関連記事」の記事一覧
「ひよっこあらすじ解説」の記事一覧
朝ドラひよっこ故郷編!登場人物とキャスト&あらすじ概略
朝ドラひよっこ東京編!登場人物とキャスト

おんな城主直虎>>
「直虎関連記事」の記事一覧
NHK大河ドラマおんな城主直虎>>あらすじ解説一覧
NHK大河ドラマおんな城主直虎キャスト>>登場人物と出演者一覧

◆あなたにオススメ

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ