おんな城主直虎あらすじネタバレ26話「誰がために城はある」2017年7月2日(日)

龍雲丸が取り返した井伊の材木を使って、今川がjob_japan_amasan-png%e5%b0%bc%e3%81%95%e3%82%93
気賀に城を建てる計画をしていることが分かります。

今まで武家の力が及ばなかった気賀の商人たちは
賛成派と反対派に別れて、大騒動になるのです。

スポンサーリンク

◆おんな城主直虎(26)龍雲丸は気賀の築城に猛反対

①龍雲丸(柳楽優弥)が井伊の材木を取り返した
ことで、直虎(柴咲コウ)の謀反の疑いは晴れる。

龍雲党が取り戻した井伊の材木は駿府に留め置かれ、直虎は
今川への忠義が認められます。

そして、直虎が寿桂尼(浅丘ルリ)に挨拶すると、
「何かあれば、言うて参れ、力になろうぞ」とのありがたい
お言葉をいただきました。

②しかしその材木は数日後、今川の手によって
気賀に運びこまれることになる。

武田に裏切られた今川は、気賀に城を作って、密かに武田側に
塩を売る商人を取り締まり、塩止めを徹底しようというのです。

③今川氏真(尾上松也)は商人の自治が許されてきた気賀に城を
築き、家臣の大沢基胤(嶋田久作)に治めさせようと
しているのだった。

大沢基胤(おおさま もとたね)は浜名湖東岸の堀江城の城主
で、今川の有力な国衆でした。

その家臣・中安兵部(なかやす ひょうぶ)が気賀にやって
来て、気賀の町衆を前に、「この度今川様の命により気賀に
城を築き、当大沢家が治めることになった」と宣言します。

町衆たちは反発するのですが、今川氏直の命とあれば逆らう
こともできません。

✱舘山寺温泉は堀江城の跡地にあります。ホテル九重は五つ星ホテルです。

④この動きに激怒した龍雲丸は、築城反対派とともに
かく乱作戦に出る。

龍雲丸たちは、普請用の木材に放火したり、普請現場で道具
や銭を盗んだり、牛馬を落とし穴にかけたりします。

こんなことでなんとかなるのでしょうか。

直虎は、これらの仕業が龍雲丸たちだとすぐわかります。

Sponsored Link

⑤混乱を鎮めるため、直虎は気賀に乗り込むが…。

気賀に乗り込んだ直虎は、町衆たちを集めて説得にかかります。

「気賀にとって目障りなのは、城があることではなく、武家の目
が入り商売がやりにくくなることなのであろう?

ならば城を築くこととの交換条件として、気賀での商いを縛らぬ
ように大沢殿に頼んだらどうか。」

と提案します。

町衆は納得しますが、龍雲丸は、
「城がある方がよっぽど災難じゃねえですか?」と反対します。

龍雲丸の両親は城を守るために城で討死したので、龍雲丸は城
が大嫌いなのです。

龍雲丸は消えてしまうのですが、後に捕まらないために湖上に
城を作る案を携えてもどります。

城は龍雲丸たちが築くことになるようです。

★段落①~④のあらすじはYahooテレビ番組
http://tv.yahoo.co.jp/listings/realtime/
からの引用、参考書籍はおんな城主直虎ガイドブック等です。
あらすじ解説を最後までお読みいただきありがとうございました。

NHK大河ドラマおんな城主直虎>>関連記事一覧
NHK大河ドラマおんな城主直虎>>あらすじ解説一覧
NHK大河ドラマおんな城主直虎キャスト>>登場人物と出演者一覧

ひよっこ>>
「ひよっこ関連記事」の記事一覧
「ひよっこあらすじ解説」の記事一覧
朝ドラひよっこ故郷編!登場人物とキャスト&あらすじ概略
朝ドラひよっこ東京編!登場人物とキャスト

 

◆あなたにオススメ

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ