朝ドラとと姉ちゃんあらすじ解説2話4月5日(火)小さないたずらが大事に

NHK連続テレビ小説2016年度前期「とと姉ちゃん」1週

akkanbe_girl.pngあっかんべー

とと・竹蔵(西島秀俊)の急な仕事のために、
初めて家訓をやぶられ、がっかりした妹たちが
小さないたずらをします。
それが大きな事件を引き起こすことになってしまうのですが・・・。

スポンサーリンク

◆朝ドラ とと姉ちゃん 1週 「常子、父と約束する」 2話 
家訓を破られてすねた妹の小さないたずらが大変な事になる?

2016年4月5日(火)放送分のあらすじ解説

①とと(=父)・竹蔵(西島秀俊)が初めて破った「月に一度皆でお出かけする」という家訓。

ととが初めて家訓を破った理由は、お得意先の大迫(おおさこ)の引っ越しの
手伝いの日がお出かけの日と重なってしまったからなのです。

大迫は大手紡績会社の専務で、ととの会社の社長が大迫の会社と契約を結
ぼうと懸命になっていたのです。

それで引っ越しの手伝いを営業部長であるととに頼んだのでしょう。

そうなれば、家族のお出かけを優先するわけにはいかなかったのです。

なんと最初からもめることになる大迫を演じるのはあのラサール石井です。

朝ドラ「あさが来た」であさを刺したあの落ちぶれた萬谷(よろずや)の姿が
よみがえり何か悪いことが起こるのではないかと不安になります。

②すねた次女・鞠子(須田琥珀)と三女・美子(川上凛子)は、竹蔵のお得意先の大迫(ラサール石井)が持ってきた絵に落書きをしてしまう。

絵の価値など分かりませんから、子供は往々にしてこういういたずらを
やってしまうものです。

この子たちにとっては、家族の月一回のお出かけは、本当に楽しい行事
だったのですね。

Sponsored Link

③困る常子(内田未来)の前に現れたのは、風来坊の叔父・鉄郎(向井理)だった。鉄郎の出現により、汚した絵がバレてしまう。「本物だ」と動揺する鉄郎。

妹達のいたずらを阻止できなかった常子は長女としての責任を感じて困った
のでしょう。
私も長女で、年の離れた妹と弟のいたずらの責任をよくとらされたことを思い
出します。

大迫の持って来た絵は有名人の絵ですが、引っ越しの手伝いのお礼に
お酒に酔った勢いでくれることになったようです。

風来坊の叔父さんは絵の価値がわかるようですね。どうやら本物の絵のようです。
困ったことになりました。 この叔父さん何もしてくれないのでしょうか。

④竹蔵は常子が今まで見たことのない表情になる…。

そりゃそうでしょう。大事なお得意様に頂いた絵を汚してしまった上に、
なんと大迫は、「気が変わったからあの絵を返して欲しい」と
言ってきたのです。

いつもはやさしいととも本当に困ったのでしょう。

ラサール石井はまたまた憎まれ役でお気の毒ですが、憎まれ役が
うまいですからね。どんなことになるのか、楽しみでもあります。

このドラマも面白くなりそうです。

★段落①~④のあらすじはYahooテレビ番組からの引用です。
放送が終わると1週間でリンクが切れますのでリンク非表示をご了承くださいませ。

最後までお読みいただきありがとうございました。

<<前回1話小橋家の家訓破れる日****次回3話竹蔵が汚れた絵を買う理由>>

◆あなたにオススメ

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ