朝ドラとと姉ちゃんあらすじ解説3話4月6日(水)竹蔵が汚れた絵を買う

shodo_fude.png筆

NHK連続テレビ小説2016年度前期「とと姉ちゃん」1週

引っ越しのお手伝いのお礼に大迫(ラサール石井)からもらった有名人が描いたという絵に、末っ子の美子(よしこ)がすみを塗ってしまいました。

せっかくのお出かけが大迫のために中止になってしまった腹いせなのです。
たいへんなことになってしまって・・・

スポンサーリンク

◆朝ドラ とと姉ちゃん 1週 「常子、父と約束する」3話
竹蔵が偽物の汚れた絵を買うのは3人が力を合せた傑作だから

2016年4月6日(水)放送分のあらすじ解説

①「自分が責任をとる」という竹蔵(西島秀俊)。
常子(内田未来)は私たちも謝りたいと大迫(ラサール石井)のところへ向かう。

さあ大変なことになりました。竹蔵は全財産を売り払ってでも弁償しますと、
大迫に土下座をするのです。

本物ならそういうことになるでしょうね。お酒に酔った勢いで、無理やりプレ
ゼントされて、大変なことになってしまいました。

②事情を説明し謝る常子たち三姉妹と竹蔵。
汚した絵を買い取りたいと竹蔵は申し出る。

事情の説明とは、大迫のせいでお出かけがダメになって、腹をたてた4歳の
娘が落書きをしたと言うのでしょうか。

しかし、大迫は、「贈った絵は実は偽物で、後でバレると恥ずかしいから取り戻
そうとしたのだから、代金はいらない」と言います。

※大迫さん、前回の朝ドラ「あさが来た」の萬谷よりは、良い人のようですね。

Sponsored Link

③「世間的には価値がなくても、とと(=父)にとっては三人が力を合わせた傑作だから」という竹蔵の言葉に、鉄郎(向井理)はあきれるも、常子たちは嬉しくなる。

竹蔵は、ちょっと変わり者のようですね。すみが塗られた絵だから価値がある
というのです。
娘達3人が力を合せて、修復しようとした傑作だからと。後での良い思い出
の品になることでしょう。

竹蔵はそのすみで塗られた絵を10円で買い取ります。
当時の10円は、現在では4000倍から5000倍になっていますので、4~5万円ですね。

私の母は名もない絵かきでしたが、一枚2~5万円で売っていましたから、
妥当な値段だと思います。

竹蔵の弟の鉄郎はその絵のことを本物だと言っていましたが、見る目がないようですね。

④しかし、無理が重なった竹蔵は、突然結核に倒れてしまう…

竹蔵は、あの日お出かけができず悲しませた娘たちのために、次の日、
浜名湖に紅葉狩りに連れて行くのです。

しかも、その夜帰宅して娘達が眠ったあと、残務を片づけるために会社
に行きます。そんな無理をする竹蔵を妻の君子が心配します。

しかし、幼い時突然両親を亡くした竹蔵は、無理をしても家族が一緒
にいる時間を大事にしたいと言います。やさしい人なんですね。

その夜、夜中に起きた常子は両親の会話を偶然聞いて、竹蔵の家族
への思いを知るのです。
竹蔵はその後も無理を続けたのでしょうか。突然結核になってしまいます。

★段落①~④のあらすじはYahooテレビ番組からの引用です。
放送が終わると1週間でリンクが切れますのでリンク非表示をご了承くださいませ。

最後までお読みいただきありがとうございました。

<<前回2話]小さないたずらが大事に****次回4話名前に込めた父の思い>>

◆あなたにオススメ

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ