朝ドラとと姉ちゃんあらすじ解説21話4月27日(水)常子の心意気

弁当の松と竹を間違えて配達してしまった常子たちはobentou_building.png弁当屋
森田屋の 「味」と「信用」を守るため、一軒一軒謝罪
して回ります。

その心意気を森田屋の女将はほめ、祖母・滝子はますます
常子を跡継ぎにしたいと強く思うのですが・・・。

スポンサーリンク

◆連続テレビ小説 とと姉ちゃん4週「常子、編入試験に挑む」21話
弁当を誤配した常子たちは高い弁当を配った家にも謝罪して回る

2016年4月27日(水)放送分のあらすじ解説

①弁当を間違えて配達してしまった常子(高畑充希)たち。

どうして松と竹を間違えたのでしょう?長谷川(浜野謙太)のミスという
ことですが、彼が松のお客と竹のお客を入れ替えて記入してしまった
のでしょうか。
次回からはそういうミスがおこらないような対策が必要ですね。

②「味」と「信用」を守るため、常子や鞠子(相楽樹)、君子(木村多江)たち
は一軒一軒謝罪して回る。

長谷川のミスなのに、どうして長谷川は謝罪に行かないのでしょう。
板前は忙しいからかも知れません。
繁盛している仕出し屋なのですね。

Sponsored Link

③途中、長谷川(浜野謙太)から慰めに言われた一言から、
高い弁当を配った客にも謝り始める常子。

長谷川は、「高い弁当を配られたお客は得したんだから謝る必要はない
だろ」と言うのです。
しかし、常子は「間違いは間違いだから謝るべきだ」と主張し、
宗吉(ピエール瀧)が激怒する中高い弁当を配った客にも誤りに行きます。

④「別に来なくても」と不思議がる客たち。だが、まつ(秋野暢子)は、
その心意気を褒める。

確かに、高い弁当を配られたお客は得をしたかも知れませんが、
注文と違うものが来たのだし、高い弁当の内容では気に入らない人も
いるでしょう。

やはり、謝るのが筋ですよね。女将のまつはやはり老舗のおかみです。
宗吉はダメですね。母親の方が上です。

毎日言い争いをしているようですが、まだまだ母親にはかなわないようです。

⑤そして祖母・滝子(大地真央)は、ますます常子を跡継ぎにしたい
と思いを強くする…。

青柳商店は仕出し屋「森田屋」のすぐ前の家ですから、常子たちのうわさは
すぐ聞こえるのでしょう。

常子を青柳商店の跡継ぎにするために、滝子はどんな手段を使うのでしょうね。

森田屋が小橋家の人たちを青柳商店の娘一家だと承知の上で雇ったのも、
森田屋の女将・まつに何か考えがあってのことのようです。

史実では、浜松に住んだこともないし、仕出し屋で働いたこともないので、
これらはフィクションだと思います。

ただ深川の材木屋は、とと(父親)の実家で、ととが結核になってからは
材木屋さんにお世話になっていたので似たようなことはあったのかもしれません。

★段落①~⑤のあらすじはYahooテレビ番組からの引用です。
最後までお読みいただきありがとうございました。

<<前回20話帝大生星野武蔵****次回22話編入試験に合格>>

◆朝ドラお知らせ

❖あさが来たお知らせ

あさが来たの総集編がNHK総合で放送決定!
2016年5月5日
 前編AM8:15〜AM10:09 後編AM10:15〜AM11:53
3時間半一挙放送! あの感動をもう一度!

❖とと姉ちゃんお知らせ

5/14土曜スタジオパーク(NHK総合13:50~15:00)
とと姉ちゃん・小橋常子役の高畑充希(たかはた みつき)さん、
仕出し屋森田屋の主人・森田宗吉役ピエール瀧さん、
森田屋大女将・森田まつ役の秋野暢子さんが出演します!

 

◆あなたにオススメ

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ