朝ドラとと姉ちゃんあらすじ解説27話5月4日(水)富江自分を知る

NHK連続テレビ小説2016年度前期「とと姉ちゃん」5週 seifuku_aifuku_woman_best.png女子制服

宗吉は自分の娘が盗人であったことに驚き、怒りつつ
も富江の代わりに土下座して謝ります。

学校に行きたいからだと常子がかばうと、富江は制服
が着たかっただけと言い、本当の気持ちはわかりません。

富江に負い目を感じた宗吉たちは、富江に一日限り
の休日を常子と一緒に楽しむことを許可します。

張り切って常子とお出かけした富江ですが、落ち着かず…。

スポンサーリンク

◆朝ドラとと姉ちゃん5週「常子、新種を発見する」27話
制服を着て常子とお出かけした富江は楽しめず自分を知る

2016年5月4日(水)放送分のあらすじ解説 
 

①振り上げた拳を下ろし、富江(川栄李奈)の代わりに土下座する
宗吉(ピエール瀧)。

実際に拳(こぶし)を振り上げるかどうかは未定ですが、「うちに
盗人なんかいるわけねぇだろ」と言い放ち、そう信じていた宗吉
ですから、びっくりして心中怒り心頭に達しているのでしょうが、
我慢して謝るのです。

今まであんなに威張りかえっていたのに、自尊心をかなぐり捨てて
土下座までするとは、偉いです。江戸っ子ですねえ。

親として当然するべきことだと思ったのでしょう。

②常子(高畑充希)も富江をかばい、女学校に行きたい余り制服を着た
のだと弁明する。

常子は富江が女学校に行きたいと思っているようですが、富江自身は
自分が制服にあこがれているだけなのか、女学校に行って勉強したい
のか、他の世界を知りたいのか分かっていないようです。

Sponsored Link

 ③ただ着たかっただけと常子の言葉を覆す富江だが、まつ(秋野暢子)
や照代(平岩紙)は秘めた思いがあると感じ、一日限りの休日を
楽しむようすすめる。

小さい時からずっと家業を手伝わせていたことに負い目を感じた
ので、この機会に常子と一緒に、富江の好きな所へでかけて
富江の好きなことをさせることにするのです。

④常子と外出する富江だが、気もそぞろで落ち着かない。
一方、宗吉たちもどこか浮つき仕事が手に付かずにいて…。

あこがれの制服を着て、常子とお出かけした富江は
最初は張り切っていても、だんだん楽しめなくなります。

遊ぶことに慣れていないせいもあるでしょうね。
富江は小さい頃から自分の受け持ってきた仕事のことが
気になって楽しめないのです。それで半日で帰宅してしまいます。

富江が楽しめているかどうか気になっていた宗吉は富江があまり
に早く帰ってきて驚き、
「早すぎるよ。もっと楽しんでこいよ」と言ってくれるのですが
富江はまっすぐに糠床(ぬかどこ)に行って、ぬかみそを
かき回し始めます。

私も昔、ぬか漬けを作っていましたが、毎日1回以上かき混ぜないと
美味しいぬか漬けができないのです。

富江さんはすごい。プロですね。
人には人の分というものがあるようです。富江さんは自分の分を
わきまえることになるのでしょう。

★段落①~④のあらすじはYahooテレビ番組からの引用です。
あらすじ解説を最後までお読みいただきありがとうございました。

◆朝ドラお知らせ

❖あさが来たお知らせ

あさが来たの総集編がNHK総合で放送決定!
2016年5月5日 
前編AM8:15〜AM10:09 後編AM10:15〜AM11:53
3時間半一挙放送!
あの感動をもう一度!

❖とと姉ちゃんお知らせ

5/14土曜スタジオパーク(NHK総合13:50~15:00)
とと姉ちゃん・小橋常子役の高畑充希(たかはた みつき)さん、
仕出し屋森田屋の主人・森田宗吉役ピエール瀧さん、
森田屋大女将・森田まつ役の秋野暢子さんが出演します!

<<前回26話富江の告白****次回28話常子星野に再会する>>

◆あなたにオススメ

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ