朝ドラとと姉ちゃんあらすじ解説31話5月9日(月)常子らの学費の秘密

HK連続テレビ小説2016年度前期「とと姉ちゃん」6週 mail.png手紙

森田屋に居候して3か月が経ち、小橋一家は森田屋の生活に慣れてきた
のですが、母・君子と祖母・滝子の仲は相変わらず険悪なままです。
なんとか仲良くさせたいと悩む常子は、ある時滝子と隈井の秘密を
聞いてしまうのですが…。

スポンサーリンク

◆朝ドラとと姉ちゃん6週「常子、竹蔵の思いを知る」31話
母と祖母の険悪な仲に悩む常子は、学費に関する秘密を知る

2016年5月9日(月)放送分のあらすじ解説

①森田屋に居候し始めて3か月。常子(高畑充希)や鞠子
(相楽樹)たちは、少しずつその生活になじんでいった。

3か月の間にも色々ありましたが、なんとか落ち着いてきたようですね。
お弁当の仕事をしているせいか、常子と鞠子は料理に興味を持ち、
仕事の合間に教えてもらうようになっていました。

このお料理を覚えたことが、後の婦人雑誌・「あなたの暮らし」に
おおいに役に立つことになります。

②しかし、母・君子(木村多江)と祖母・滝子(大地真央)の
関係は変わらず険悪なままで、君子はその真相を話そうとはしない。

近所に住んでいるのですから、出会うこともあるのですが、
君子は道端で滝子に出会っても目も合わせず、口もききません。

滝子を頼って深川に来たのに、どうして再び険悪になったのか
君子が真相を話さないのは、常子が原因だからです。

滝子が、養子の清(大野拓朗)と常子を結婚させて青柳商店の
跡継ぎにさせようとしたからなのです。

君子は常子を束縛せずに、自由に好きなことをさせたかった
のです。

それを常子に言ってしまったら、常子が世話になった滝子に
恩義を感じて滝子の言うとおりにしてしまうのではないかと
心配で言えないのだと思います。

③君子と同じく森田屋のまつ(秋野暢子)と息子の宗吉
(ピエール瀧)も卵焼きをめぐり、親子けんかが絶えない。

森田屋のまつは、だれとでもけんかをするのではないでしょうか。
青柳商店の滝子とも犬猿の仲ですし。
息子の宗吉もけんかっ早いですからね。

この二人のけんかは、口先だけで、レクリエーションのようなもの
でしょう。どちらも出ていきませんから。

Sponsored Link

④何とか関係を修復させようと悩む常子だが、ふとしたことから
滝子の秘密を知ってしまう。

まつと滝子が道でばったりであったとき、まつが滝子に
常子たちを追い出すなんてひどい人だと言うのです。

それを聞いた番頭の隈井(片岡鶴太郎)が悔しがって、
まつがいなくなってから、常子たちの学費も実は滝子が
出しているのにとつぶやきます。

それをなんと、偶然常子と星野(坂口健太郎)が聞いて
しまいます。

常子と星野はデート中だったのでしょうか。

それにしても、隈井が学費を貸してくれているはずだった
のですから、常子もびっくりするでしょうね。
君子に知らせるのでしょうか。

★段落①~④のあらすじはYahooテレビガイドからの引用です。
あらすじ解説を最後までお読みいただきありがとうございました。

◆とと姉ちゃんお知らせ

5/14土曜スタジオパーク(NHK総合13:50~15:00)
とと姉ちゃん・小橋常子役の高畑充希(たかはた みつき)さん、
仕出し屋森田屋の主人・森田宗吉役ピエール瀧さん、
森田屋大女将・森田まつ役の秋野暢子さんが出演します!

<<前回30話新種でなくなった花****次回32話>>

◆あなたにオススメ

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ