朝ドラとと姉ちゃんあらすじ解説32話5月10日(火)君子事実を知る

HK連続テレビ小説2016年度前期「とと姉ちゃん」6週 mail.png手紙

学費を援助していたのは祖母・滝子だったことを常子は、
母・君子には秘密にします。

君子に言えば、滝子の援助を断り、
大変になるからです。

しかしある日、君子は酔った隈井から
そのことを知ってしまい・・・。

スポンサーリンク

◆連続テレビ小説とと姉ちゃん6週「常子、竹蔵の思いを知る」
32話 2016年5月10日(火)放送分のあらすじ解説32話

①学費を援助していたのは隈井(片岡鶴太郎)ではなく、
祖母・滝子(大地真央)だった。

君子が娘3人を連れて家出して、森田屋に落ち着いたとき、君子は
娘たちの学費に悩んでいました。

貯金はほとんどなくなっていたので、すぐにまとまった学費を払う
ことができません。

※女学校の学費は、毎月納めるのではなく、ある程度まとめて
払うのだと思います。

娘3人を連れて家出なんて、無茶ですよ。青柳商店にいたときだって
散々仕事を探しても見つからなかった君子ですからね。

私ならちゃんと仕事を探してから家出しますが、そうなると家出が
できなくなってしまうかも知れません。

そこへ、君子を子供の頃から知っている番頭の隈井が援助を申し出
てくれで、借りるということで学費を援助してもらったのです。

②常子(高畑充希)は、次女の鞠子(相楽樹)と同級生の綾
(阿部純子)に相談し、母・君子(木村多江)の気持ちを考え、
秘密にしておくことにする。

その方がいいでしょうね。
君子に話したら、また前後のみさかいもなく、滝子に断りに行くに
決まっています。

君子は全く後先を考えないお嬢様なんですね。
それでもなんとかなるのですから、人生そんなに考えなくても良いのかも。

Sponsored Link

③そんなある日、君子は隈井に学費を返そうと居酒屋に向かう。
酔っ払った隈井は、酒の勢いもあって「おかみさんに返す」とつい口にしてしまう。

滝子に秘密なので、居酒屋で会っていたのす。
毎月少しずつ返していたのでしょうか。

居酒屋だから、当然お酒を飲んでいますから、酔っ払うこともあります。
このときは、森田屋のまつに、滝子の悪口を言われて腹を立てていたので
つい言ってしまったのでしょう。

隈井は女将さんを尊敬しているし、女将さんの気持ちを知っているようです。
先代にお世話になったから、女将さんを大事にしているのかも知れません。

④真相を知った君子は、一人で滝子の元へ駆け込むのだが…

このドラマでは、口を滑らす人が多いですね。一般的にそうかもしれません。
なかなか自分一人の胸にしまっておけないものです。

やれやれ、また君子と滝子の争いになるようです。
それも今週で収まるといいのですが。

◆とと姉ちゃんお知らせ

5/14土曜スタジオパーク(NHK総合13:50~15:00)
とと姉ちゃん・小橋常子役の高畑充希(たかはた みつき)さん、
仕出し屋森田屋の主人・森田宗吉役ピエール瀧さん、
森田屋大女将・森田まつ役の秋野暢子さんが出演します!

★段落①~④のあらすじはYahooテレビガイドからの引用です。
あらすじ解説を最後までお読みいただきありがとうございました。
<<前回31話常子らの学費の秘密****次回33話杉野社長の訪問>>

◆あなたにオススメ

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ