NHK大河ドラマ真田丸あらすじ解説第19話「恋路」5月15日(日)放送

秀吉の周囲が信繁と茶々の仲を怪しみ始めますが、sanada_yukimura.png真田幸村
大丈夫でしょうか。

一方、家康は真田に裏切られないように、真田の
長男・信幸と本多忠勝の娘・稲との政略結婚を
持ち掛けます。

スポンサーリンク

◆NHK大河ドラマ真田丸19話「恋路」真田信繁と茶々の仲

①信繁(堺雅人)は茶々(竹内結子)にせがまれ大坂城の中を
二人きりで案内する。

大阪城が完成したのは1585年(天正13年)、賤ヶ岳(しずがたけ)
の戦で茶々が2人の妹とともに秀吉に引き取られたのは1583年
(天正11年)。

その後茶々たちは安土城や聚楽第に住んでいたようです。

信繁が上杉景勝(遠藤憲一)と一緒に大阪城に参上したのは
1586年(天正14年)で、ドラマではその時すでに茶々が大阪城に
いましたから、茶々の方が先に大阪城に住んでいたはずなのに、
どうして信繁が案内するのでしょう。

茶々は信繁と二人きりになりたくて、案内を頼んだのでしょうね。
フィクションですから真実は分からないですが。

②まだ若い茶々が過酷な運命を生き抜いていたことを思い知った
信繁は、奔放に振る舞う茶々に対し好意を抱いてしまう。

そうです。茶々は近江国の戦国大名・浅井長政と織田信長の妹・お市
との間に生まれた長女で織田信長の姪にあたります。

しかし、父の浅井長政が信長に敵対したために攻められ、長政の
小谷城(現在の滋賀県長浜市)は落城します。

母のお市の方と茶々たち娘3人はお市に随伴して来ていた信長の
家来に救出され、岐阜城に戻ります。
その後は清州城に住んでいたようです。

この小谷城の戦で、茶々の父・浅井長政とその父親は自害し、茶々
の兄・万福丸は信長の命により秀吉に処刑されてしまうのです。

これだけでも過酷な運命と思われるのですが、

さらに、母・市が織田氏家臣の柴田勝家と再婚したため、茶々は
母や妹達とともに越前国北の庄城(現在の福井県福井市)に移ります。

ようやく平穏な生活が訪れたのに、信長の死後、秀吉と養父・勝家が
対立し、1583年(天正11年)の賤ヶ岳(しずがたけ)の戦に勝家が敗れると、
こともあろうに、今度は母の市が勝家と共に自害してしまいました。

茶々は父母と兄を信長と秀吉に奪われてしまったのです。

茶々は信繁に江戸城を案内させながら、自分のことも話すので
しょうね。

その話を聞いているうちに、茶々のことがかわいそうになって・・・。

信繁は大丈夫でしょうか。

史実ではそんなことは聞いたことがありませんから、多分大丈夫でしょう。

石田三成との噂はあるようで、秀頼は石田三成の子供ではないかと
いう話は聞いたことがあります。

Sponsored Link

③九州平定を目前にした秀吉(小日向文世)は茶々を側室にしようと考える。
秀吉の周囲は信繁と茶々の仲をいぶかり始める。

九州平定は、最後まで抵抗した島津氏を服従させた1587年
(天正15年)のことで、この年に真田昌幸が秀吉に臣従して
います。

この次の年の1588年(天正16年)に秀吉は茶々を側室にします。 
その時、秀吉は52歳でした。

色々なドラマで見ると、茶々を側室にしたときの秀吉は相当の
老人ですから、少なくとも60歳は過ぎていたと思いました。
52歳とは意外です。

秀吉の周囲は信繁と茶々の仲を疑い始めるようですが、秀吉は
気づくのでしょうか。

④一方、家康(内野聖陽)は信幸(大泉洋)と、忠勝(藤岡弘)の
愛娘・稲姫(吉田羊)との政略結婚を持ち掛ける。

家康は真田の実力を知っていますから、敵にしないために考え
たのですね。

信幸にはこう(長野里見)という正妻がいますが、稲姫(小松姫)
を迎えます。

そのためこうは側室になったとか、病弱だったのでその前に
亡くなったとか言われていますが、当時は正妻と側室の区別は
厳密にはなかったようです。

正妻と側室がはっきり区別されるようになったのは江戸時代
からとのこと。

信幸の父・昌幸は兄(真田家の長男)が亡くなったために
養子先から戻って真田家を継いだので、兄の娘であるこう
を自分の長男(信幸)の嫁にして、真田家の直系の血をつな
げたとされます。

そのため、こうを大事にして、離縁することはありませんでした。

◆真田丸第19話「恋路}5月15日(日)放送分の主な登場人物(出演者)

真田家:真田信繁=真田幸村(堺雅人),真田昌幸=信繁の父(草刈正雄),真田信幸=信繁の兄(大泉洋),まつ=信繁の姉(木村佳乃)きり=信繁の幼なじみ(長澤まさみ)

豊臣家:豊臣秀吉(小日向文世),ねい=秀吉の正妻(鈴木京香),石田三成(山本耕史),大谷吉継=石田三成の親友(片岡愛之助),加藤清正=秀吉家臣(新井浩文),茶々=淀君(竹内結子)

徳川家:徳川家康(内野聖陽),本多正信=家康家臣(近藤正臣),本多忠勝=家康家臣(藤岡弘),
片桐且元{かつもと}=秀吉家臣(小林隆),稲(小松姫)=本多忠勝の娘(吉田羊)

★段落①~④のあらすじはYahooテレビ番組
http://tv.yahoo.co.jp/program/16295470/からの引用です。 

あらすじ解説を最後までお読みいただきありがとうございました。

<<前回18話「上洛」話******次回20話「前兆」>>

◆あなたにオススメ

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ