朝ドラとと姉ちゃんあらすじ解説38話5月17日(火)災いを呼ぶ男

NHK連続テレビ小説2016年度前期「とと姉ちゃん」7週37話hamigakiko.png歯磨き粉

東堂から借りた「青鞜」を読んだ常子と鞠子は
おおいに感銘を受けます。

さらに東堂から「女だからと尻込みするな」という助言を
受けて、何かに挑戦しようという気持ちになります。

そこへ、またまた鉄郎が現れ、災いを呼ぶことに・・・。

スポンサーリンク

◆連続テレビ小説とと姉ちゃん7週「常子、ビジネスに挑戦する」
 38話 2016年5月17日(火)放送分のあらすじ解説

①どこか元気のない鞠子(相楽樹)を心配し、常子(高畑充希)は、
東堂(片桐はいり)から借りた「青鞜」を渡す。

鞠子は文学を学ぶため、大学への進学を希望していましたが、
学費のことで悩んでいたのです。

今なら奨学金があるので、アルバイトをすればなんとかなるのです
が、鞠子が悩んでいた昭和11年(1936年)当時はまだ一般人が
借りられる奨学金制度はなかったようです。

国家資金による日本育英会が組織されて、広く貸与されるように
なったのは、昭和18年(1943年)以後のことです。

常子は「青鞜」を読んで挑戦する気になり、元気がでたので、鞠子
も元気になるかも知れないと思ったのでしょう。

Sponsored Link

②感銘を受けた二人は、女性だからという理由だけで尻込みせず、
挑戦することが大切だと東堂から助言され、何かを始めたい気持ち
が湧き上がる。

平塚らいてうの「青鞜」の創刊号には『元始、女性は太陽であった』
と書かれていて、女性の権利獲得運動を表現する言葉として
有名です。

「青鞜」は平塚らいてうの女性解放運動のための雑誌ですから、
毎号、女性を叱咤激励する文章が書かれていたのだと思われます。

二人は「青鞜」を読んで感銘を受け、練り歯磨き製造事業を始める
ことになります。

これは史実でも実行されたことですが、残念ながら最終的には
失敗に終わります。

しかし、この経験がその後「あなたの暮らし」(モデルは暮らしの
手帖)の創刊の役に立つことになると思われます。

 

③一方、時代は次第にきな臭くなり、青柳や森田屋も不況の波が押し
寄せ、自粛ムードが漂っていた。

この年に起こった二・二六事件以来、景気が悪くなってきます。

二・二六事件とは、昭和11年(1936年)2月26日に勃発した事件で、

青年将校らが、下士官兵1483名を率いて昭和維新(政治腐敗と
農村の困窮改善)を目指して起こしたクーデター未遂事件です。

この事件の結果岡田内閣が総辞職し、後継の廣田内閣が思想犯保護
観察法を成立させました。

よくは分かりませんが、いつの時代も政治の腐敗と農村の困窮は
ついてまわるのですね。

 

④そんな折、鉄郎(向井理)が森田屋に現れ、どんちゃん騒ぎが始
まってしまい…。

またまたやっかいな鉄郎叔父さんの登場です。
今回は珍しく、事業に成功し、大金を手にして森田屋に現れ、宴会に
紛れ込んでいたのです。

事業に挑戦したいと思っていた常子は、珍しく成功した鉄郎に成功の
秘訣を尋ねます。

おやおやこんな叔父さんに成功の秘訣を教わっても大丈夫なので
しょうか。心配ですねえ。たまには良いことも言いますから
なんとも言えないのですが。

◆とと姉ちゃん放送時間

平成28年4月4日(月)~ 10月1日(土)『全156回予定』

NHK総合:月曜〜土曜 午前8:00〜8:15/午後0:45〜1:00(再放送)

BSプレミアム:
月曜〜土曜 午前7:30〜7:45/午後11:00〜11:15(再放送)
土曜日 午前9:30〜11:00(1週間分)

ダイジェスト放送:

とと姉ちゃん一週間(20分)NHK総合 日曜 午前11:00〜11:20

5分でとと姉ちゃん NHK総合
土曜 午後2:50〜2:55 日曜 午後5:45〜5:50/午後5:55〜6:00

★段落①~④のあらすじはYahooテレビガイド
(http://tv.yahoo.co.jp/listings/realtime/)からの引用です。
あらすじ解説を最後までお読みいただきありがとうございました。

<<前回37話新担任東堂チヨ****次回39話>>

◆あなたにオススメ

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ