朝ドラとと姉ちゃんあらすじ解説40話5月19日(木)歯槽膿漏歯磨き

NHK連続テレビ小説2016年度前期「とと姉ちゃん」7週hamigakiko.png歯磨き粉

歯槽膿漏(しそうのうろう)に悩む女性を助けようと、
常子(高畑充希)は練り歯磨きを試作しますが、
評判はいまいち。

鞠子(相楽樹)が星野のレシピを読み返すと、
ある材料が不足していることに気づき・・・。

スポンサーリンク

◆連続テレビ小説とと姉ちゃん7週「常子、ビジネスに挑戦する」
 40話 2016年5月19日(木)放送分のあらすじ解説

①常子(高畑充希)は、綾(阿部純子)の母が歯槽のう漏で苦しむ
姿を見かけ、多くの女性が同じ病気で悩んでいることを知る。

今でも歯槽膿漏(しそうのうろう)の女性は多いようですね。

歯槽膿漏の原因菌である歯周病菌の中には、女性ホルモンを栄養源
とするものがあり、歯茎と歯の間から滲み出る女性ホルモンを食べ
て繁殖するのだそうです。

そのため女性に患者が多いらしいのですが、まだ根治する方法が
見つかっていないようです。

特に妊娠、出産の時に繁殖するので若い女性は注意が必要です。

②これを商売にしようと、星野(坂口健太郎)にレシピを聞き、
練り歯磨きを自作し始める。

星野の母親も以前歯槽膿漏を患っていたことがあり、医師に相談、
歯槽膿漏に効くという練り歯磨きの作り方を教わり、自作して
使用したところ、改善したそうです。

それを聞いた常子は、自作できるのなら、商売になり、歯槽膿漏
の人々の役に立つと思いついたのです。

確かに良い仕事だと思います。

※史実では、歯槽膿漏で苦しんでいたのは大橋鎮子(ドラマの常子)
の母親でした。母親がかかっていた医師が軍医で、満州に派遣される
ことになり、自分の留守中に作って使うようにレシピを書いて
くれたのです。

Sponsored Link

③メモ通り作った歯磨きを森田屋の面々に試してもらうが、
出来上がりはイマイチ。

レシピはあっても、なかなか難しいと思われます。
お料理もそうですからね(私だけかな?)。

森田屋の女将のまつ(秋野暢子)も歯槽膿漏とのこと。
良い試験台ですが、変ですね。

まつは何歳でしょう。閉経したらもう女性ホルモンが歯茎から
滲み出ることはないはずですが。

以前の歯槽膿漏の後遺症でしょうね。

④それでも諦めない常子を見て、鞠子(相楽樹)は手伝うことを
決め書きなぐられたメモを読み返してみると、不足している材料が
見つかり…。

書きなぐられたメモだから、見落としたのですね。
でも何が不足しているのでしょう。珍しい植物ではないでしょうか。

カンゾウ(甘草)オウバク(黄檗)ローズマリー セージ  
オウゴン(黄芩)オタネニンジン 
などが使用される可能性があります。

※不足していたのは薄荷(ハッカ)でした。
史実の練り歯磨きにもハッカが使われていました。

◆とと姉ちゃんお知らせ

5/14土曜スタジオパーク(NHK総合13:50~15:00)
とと姉ちゃん・小橋常子役の高畑充希(たかはた みつき)さん、
仕出し屋森田屋の主人・森田宗吉役ピエール瀧さん、
森田屋大女将・森田まつ役の秋野暢子さんが出演します!

★段落①~④のあらすじはYahooテレビガイド
(http://tv.yahoo.co.jp/listings/realtime/)からの引用です。
あらすじ解説を最後までお読みいただきありがとうございました。

<<前回39話星野武蔵の助言****次回41話練り歯磨き完成>>

◆あなたにオススメ

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ