朝ドラあらすじ解説[あさが来た20週119話]あさ刺される

大隈重信の賛同を得たあさは、東京で協力者集めに成功し、      knife.pngナイフ
意気揚々と大阪に戻るのです。
やはり大隈重信が賛同してくれたおかげで、その場で協力してくれる
人たちがいたのでしょうね。

しかし自宅では新次郎や榮三郎が困った顔をしてあさを迎えるのです。
なにやら加野銀行が大変な騒ぎになっていたのです。

そして、あさに大変な事件が起きてしまいます。

スポンサーリンク

◆連続テレビ小説 あさが来た20週「今、話したい事」119話 あさ刺される

2016年2月19日(金)放送分のあらすじ解説

①東京で多くの協力者を得たあさ(波瑠)が大阪に戻ってみると、新次郎(玉木宏)や榮三郎(桐山照史)が困った顔をして待っていた。あさも困り果てるその理由とは…。

あさが女子大学校設立の活動を始めたことで、「そんなことに金をつぎ込む銀行には安心して貯金できない」と多くの客が貯金をおろしに詰めかけていたのです。

あさは銀行のお金をつぎ込んではいないのですから、趣旨を話せばわかってもらえると思いますが、頭取の栄三郎に、「この騒ぎが収まるまで店に顔を出さないように」と釘を刺されてしまいます。

栄三郎もある程度はあさを理解してきたようですが、銀行が大事ですから、これ以上の騒ぎが大きくならないようにとの配慮だと思います。

こんな時にあさが出ていって、弁舌をしたら、当時の一般人は理解できなくて騒ぎがもっと大きくなるかもしれませんね。

②あさは家に戻っていた娘の千代(小芝風花)と久々に話をする。しかし、話がかみ合わず口論になってしまう。

千代と一緒に来た友人の田村宜・のぶ(吉岡里帆)は、あさに挨拶をして、千代がひどいこと言ったのは自分が余計なことを千代に話したせいだとわびます。

それを聞いてあさはどんな反応をするでしょう。自分が書いた随筆が原因と知って、いくらか怒りが収まるのではないでしょうか。
千代と和解できる日も近そうです。

私も子供の頃、当時教師をしていて多忙だった母に、ずいぶん反抗したものです。子供は反抗して成長するのではないでしょうか。
子供時代に反抗期がないと成人してうまく社会生活ができないとも言われています。

Sponsored Link

③加野銀行では、萬谷(ラサール石井)が金を貸せと店内で暴れ出す。すると新次郎が…。

萬谷与左衛門(よろずや よざえもん)は新次郎の亡くなった父・政吉の知り合いで、明治維新で落ちぶれた人物です。

以前、加野銀行ができたとき、酒に酔って新次郎と栄三郎に無担保で金を借りにきてくだをまき、あさにきっぱり断られたことがありました。

その萬谷がまたやってきて、「女子大学校の設立に自分たちの大事な金を使っている。こんな銀行はつぶれる」などと悪態をつくのです。

そんなことを言う萬谷が貯金などしているとは思えないですけどね。

さんざんののしったあげく、萬屋は女子行員の尻に触ろうとしたので、新次郎が萬屋の腕をつかんで店から追い出します。

新次郎かっこいいです。いざとなると力があるのですね。

④そして、千代と話していたあさの身に大きな事件が起こる。

せっかく友人の田村宜(のぶ)を連れて実家に戻っていた千代と、けんかしたままだったあさは、千代と話をしようとして 買い物に行った千代の帰りを道で待ったいたのです。

しかし、あさが千代に「もっと話をしよう」と呼びかけても、「うちはお母ちゃんと話すことなんかない」と冷たくあしらわれてしまいます。

そこへ萬屋がやってきて、あさを刃物で刺したのです。
お金を貸してくれない上に、新次郎に銀行の外につまみ出されてしまったことを逆恨みしたのでしょう。

さあ、あさはどうなるのでしょうか。

★段落①~④のあらすじはYahooテレビ番組からの引用です。 放送が終わると1週間でリンクが切れますのでリンク無表示をご了承くださいませ。

最後までお読みいただきありがとうございました。

◆あなたにオススメ

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ