NHK大河ドラマ真田丸あらすじ解説第20話「前兆」5月22日(日)放送

秀吉(小日向文世)が側室にした茶々(竹内結子)が懐妊すると、sanada_yukimura.png真田幸村
それをバカにするような落書きが見つかります。

さあ大変、怒り狂う秀吉の命で、信繁(堺雅人)は三成(山本耕史)
や吉継(片岡愛之助)と犯人を探すのですが・・・。

スポンサーリンク

◆NHK大河ドラマ真田丸20話「前兆」聚楽第の落首事件

 2016年5月22日(日)放送分のあらすじ解説

①秀吉(小日向文世)の側室となった茶々(竹内結子)が子を身ごもる。

1588年(天正16年)に秀吉は茶々を側室にします。

秀吉は織田信長の家来になってから、信長の妹であるお市の方に
ずっと憧れていたようで、その思いがお市の方の娘である茶々
まで続いていたのです。

ようやく思いがかなったような気持ちなのでしょうね。

秀吉には側室が大勢いたのに、一人も子供ができませんでした
から、最愛の茶々が妊娠したときは、それはそれはうれしかった
ことでしょう。

でも秀吉の周囲では信繁(堺雅人)と茶々の仲がうわさされて
いたようですから、秀吉は疑わなかったのでしょうか。

※信繁が茶々のお相手係を辞退したいと申しでたので助かった
ようですね。

ずっと子供に恵まれなかったのは、自分には子種がないのでは
ないかと思いはしなかったのでしょうか。

真田丸の旅を楽しみませんか

②秀吉は有頂天になるが、城下ではそれをやゆする落書きが発見される。

1589年(大正17年)聚楽第南外門の白壁に落書きが発見された事件で
落首事件と言われて、かなり有名です。

落首とは何のことかと調べてみたら、
主に世相を風刺した狂歌を匿名で、人の集まりやすい場所に立て札
や落書きなどで書いて表現したものとのこと。

言論の自由がなかった当時の庶民の唯一の政治批判ができる表現
手段だったのかも知れません。

狂歌は和歌と同じく五七五七七調なので、和歌と同様に一首二首と数える
のだと思います。
それで、落書きの一首か二首という意味で落首というのでしょう。

秀吉を怒らせた聚楽第の落首は

「大仏の功徳もあれや 槍刀 釘鎹は 子宝恵む」

読み方は「だいぶつのくどくもあれや やりかたな くぎ
かすがいは こだからめぐむ」

秀吉が方広寺大仏の建立を名目に刀狩りを施行し、槍や刀
を取り上げたことを批判した狂歌で

「秀吉に子ができたのは、大仏の功徳もあるでしょうが、取り上げた
槍や刀で作った釘鎹(くぎかすがい)で結ばれて子宝に恵まれた
のだろう」

という意味でしょうか、子も鎹(かすがい)になりますね。
(管理人の独断です)。

釘鎹(くぎかすがい)とは、ホッチキスの金具のようなコの形を
していて、木材と木材をつなぐ二本足の釘のことです。

この狂歌は後世に作られたという説もあり、はっきりしません。

Sponsored Link

③信繁(堺雅人)は石田三成(山本耕史)や大谷吉継(片岡愛之助)
と犯人探しに乗り出すが、捜査は難航する。

当時は防犯カメラもありませんでしたから、暗がりで書かれては
犯人探しは難しかったでしょう。

④怒りがおさまらない秀吉は、犯人が見つからなければ門番や町人
たちまでをも処刑すると言い出す。

この頃の秀吉は狂っていたようで、見張りをちゃんとしていないから
だという理由で、門番の17人の鼻と耳をそぎ落とし、さらに逆さに
して磔(はりつけ)にしたそうです。

その後も疑わしい人をかたっぱしから60人も処刑したとか、どうして
そんなに残酷なのでしょう。

⑤知恵を絞る信繁。豊臣政権への信頼を揺るがしかねない事態に寧
(鈴木京香)は…。

秀吉のあまりの残虐さに、まわりは驚き、恐れおののいたと思われ
ます。
ますます秀吉の評判が悪くなることを心配した正妻(正室)の寧が
「大名や寺社に、金銭を配って、子供の誕生を祝わせる」提案を
するのではないでしょうか。

◆真田丸第20話「前兆」5月22日(日)放送分の主な登場人物(出演者)

真田家:真田信繁=真田幸村(堺雅人),とり=昌幸の母(草笛光子),薫(かおる)=昌幸の正妻・信繁の母(高畑淳子),
真田信幸=信繁の兄(大泉洋),まつ=信繁の姉(木村佳乃),きり=信繁の幼なじみ(長澤まさみ),佐助=真田家の忍び(藤井隆)

豊臣家:豊臣秀吉(小日向文世),ねい=秀吉の正妻(鈴木京香),石田三成(山本耕史),大谷吉継=石田三成の親友(片岡愛之助),片桐且元{かつもと}=秀吉家臣(小林隆),茶々=淀君(竹内結子),平野長泰=秀吉の馬廻衆筆頭(近藤芳正)

徳川家:徳川家康(内野聖陽),本多正信=家康家臣(近藤正臣),本多忠勝=家康家臣(藤岡弘),阿茶局{あちゃのつぼね}=家康側室(斉藤由貴),稲(小松姫)=本多忠勝の娘(吉田羊)

◆お知らせ 

❖大河ドラマ「真田丸」の世界展

真田信繁(幸村)が主人公の大河ドラマ「真田丸」の世界を体感できる展示です。

会期:4月7日(木)~7月30日(土)(毎月第4月曜日は休館)
開館時間:午前10時~午後6時 最終入場:午後5時30分
会場:東京・渋谷 NHKスタジオパーク イベントホール

★段落①~⑤のあらすじはYahooテレビ番組
からの引用です。
あらすじ解説を最後までお読みいただきありがとうございました。

<<前回19話「恋路」******次回21話「戦端」>>

◆あなたにオススメ

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ