朝ドラとと姉ちゃんあらすじ解説43話5月23日(月)借金取り退散する

NNHK連続テレビ小説2016年度前期「とと姉ちゃん」8週hamigakiko.png歯磨き粉

第7週から常子の制服がセーラー服ではなく
東京の女学校の制服になりましたね。

おばあさま(大地真央)が買ってくれた
のでしょうか。

さて、せっかく好調な売れ行きだった歯槽膿漏の
練り歯磨きは、鉄郎(向井理)の借金のかた(形)として、
二束三文で作らされることになります。

そこで常子(高畑充希)たちは星野(坂口健太郎)
の助言からある作戦にでますが・・・。

スポンサーリンク

◆連続テレビ小説とと姉ちゃん8週「常子、職業婦人になる」
 43話 2016年5月23日(月)放送分のあらすじ解説

①鉄郎(向井理)の借金を肩代わりするため、二束三文の値段で
練り歯磨きを作るはめになった常子(高畑充希)。

何の事業かは不明ですが、珍しく成功して現れた叔父の鉄郎は、
仲間に大金を持ち逃げされて、またしても借金まみれ。

人の良いところがあるからだまされるのでしょう。

「おじさんは大金を作って戻るから、それまで頑張ってくれ。
あばよ」というような無責任な置き手紙を残して消えてしまいます。

全く頼りにならない叔父さんですね。

②星野(坂口健太郎)の助言から、絵の具を入れるアルミ製のチュ
ーブに歯磨きを入れることを思いつく。

チューブの方が使う分量だけ出すことができて便利ですからね。

当時はまだ練り歯磨きのチューブがなかったのでしょうか。
ずっとずっと以前からあるような気がしていたので驚きです。

チューブに入れないときは紙に包んだとありますが、ただの紙では
練り歯磨きが滲み出るのではないでしょうか。

油紙に包んだのかしら。見るのが楽しみです。

Sponsored Link

③更には、借金取りには従来の紙包みの歯磨きを渡し、チューブ製
の改良品を隠して出し抜こうというのだ。

練り歯磨きをチューブに入れるには機械が必要なのですが、その
お金はどうするのでしょう?

おばあさまが出してくれるのでしょうね。
お母さんとおばあさまが仲直りして本当に良かったです。

史実でも深川の祖母(史実では父方の祖母)が練り歯磨きの事業
に出資してくれましたから。

とと姉ちゃんの主題歌耳に慣れてきましたね

④一週間後、森田屋を訪れる借金取り。常子たちのどこか不自然な
様子を見破られ、作戦はたちまち失敗してしまうが…。

人をだますのはやはり普通の人には難しいですよね。
どうしても顔や態度に出てしまうようです。

やくざたちは自分たちが人をだますので、その辺の
感はよく働くのでしょう。

隠しておいたチューブの練り歯磨きを発見されてしまいます。

借金取りは怒って、常子たちを脅しにかかりますが、その時滝子
(大地真央)が青柳商店のあらくれ男達を連れて現れ、やくざを
追い払ってくれます。

史実にはこんな話はないですよ。

★段落①~④のあらすじはYahooテレビガイド
(http://tv.yahoo.co.jp/listings/realtime/)からの引用です。
あらすじ解説を最後までお読みいただきありがとうございました。

参考文献:【ポケット版】「暮しの手帖」とわたし NHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』モチーフ 大橋鎭子の本 / 大橋鎭子 【単行本】

<<前回42話KT歯磨き売れる****次回44話歯磨き事業失敗>>

◆あなたにオススメ

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ