朝ドラとと姉ちゃんあらすじ解説50話5月31日(火)常子手書で清書

NHK連続テレビ小説2016年度前期「とと姉ちゃん」9週job_jimu.png事務職

前回で、男性社員から初めて仕事を任された常子
(高畑充希)は、仕事を家に持ち帰り、
徹夜で書類をまとめます。

しかし、早乙女(真野恵里菜)にタイプライター
の使用を禁止された常子は

〆切に間に合わせるため、万年筆で・・・。

スポンサーリンク

◆連続テレビ小説とと姉ちゃん9週「常子、初任給をもらう」50話 2016年5月31日(火)放送分のあらすじ解説

①初めて仕事を任された常子(高畑充希)。

入社以来ろくに仕事をさせてもらえなかった常子は、うれしかった
のでしょう。

率先して仕事を引き受けた以上は、良い仕事をして認めてもらい
たいと思い、一生懸命やったのでしょう。

しかし初めての仕事ですし仕事の量も多かったので、残業しても
終わらせることができません。

締切りの時間が決まっているので、常子は仕事を
自宅に持ち帰って続けます。

②心配する君子(木村多江)やまつ(秋野暢子)たちをよそに、
一睡もせずに書類をまとめる。

よほど仕事の量が多いのか、良い仕事をしようと頑張ったのか、
一睡もせずに頑張るとはたいしたものですね。

最初の仕事ですから、無理もないかもしれないです。
この仕事で失敗したら、それこそ早乙女たちに何と言われること
になるか分かりませんからね。

③翌日、職場でタイプライターを使おうとすると、他の業務に支障
がでるからと早乙女(真野恵里菜)に使用を禁止される。

早乙女の言うことは最ものようですが、やはり意地悪に思えてしま
いますね。それほど仕事がびっちり詰まっているのでしょうか。

男性社員が整理を手伝ってもらわずに、その男性社員が書類の
タイプを依頼したら、女性のタイプライターは、その書類をタイプ
することになるのでしょうに。

④〆切まであと数時間。常子は、手書きで清書し始める。

徹夜で仕上げてあとは清書するだけなのに、タイプライターを
使わせてもらえない常子は、仕方なく万年筆を持ち、手書きで
書類を仕上げます。

Sponsored Link

⑤何とか間に合わせた書類を持って、男性社員の所に駆け込むと、
「置いといて」とそっけない態度。常子は驚き、がく然とする…。

徹夜までして仕上げ、手書きで清書したのに、感謝の一言もない
とは、ひどい男性社員ですね。

当時の男性は皆こんな態度だったのでしょうか。

早乙女は「資料整理は本来男子社員がやるべき仕事。それを女性
にやらせるのは、雑用係だと思っているからよ」と言っていました。

常子は早乙女の言うことが正しかったのかと思い悩みます。

確かに、早乙女の言うことにも一理あるので、意地悪だけでも
なさそうなのですが、今後の二人の関係が面白くなりますね。

◆今日の主な出演者

そろそろ出演者と登場人物の関係がかなり分かり始めましたが、
元々俳優の名前をよく知らない私は、新しい登場人物も現れ、
覚えるのが大変です。

出演者を見ながら、登場人物を言えるようにしようと、今日の主な
出演者をやはりYahooテレビガイドから引用させていただきました。

あなたも試してみませんか。登場人物の名前を何人言えるでしょうか。

解答のまとめのページも作っていくつもりです。

❖とと姉ちゃん50話の主な出演者

高畑充希,相楽樹,木村多江,秋野暢子,ピエール瀧,平岩紙,
川栄李奈,浜野謙太,坂口健太郎,片桐はいり,真野恵里菜,
我妻三輪子,野村麻純,

出演者が演じる登場人物はこちら>>
朝ドラとと姉ちゃん!出演者と登場人物&実在のモデルについて

★段落①~⑤のあらすじと出演者はYahooテレビガイド
(http://tv.yahoo.co.jp/listings/realtime/)からの引用です。
あらすじ解説を最後までお読みいただきありがとうございました。

<<前回49話常子他の仕事を****次回51話悩む常子青柳へ>>

★朝ドラ大河.comの目次はサイトマップをご覧ください。

◆あなたにオススメ

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ