朝ドラとと姉ちゃんあらすじ解説54話6月4日(土)星野の淡い思い

NHK連続テレビ小説2016年度前期「とと姉ちゃん」9週job_jimu.png事務職

タイピストとなって一年半、常子(高畑充希)は
確かな戦力として認められるようになり、

鞠子(相楽樹)も美子(杉咲花)もそれぞれの道
を歩み初めます。

そんな中、帝大生の星野(坂口健太郎)は、秘めた
淡い思いを常子に伝えられずにいて…。

スポンサーリンク

◆連続テレビ小説 とと姉ちゃん(54)「常子、初任給をもらう」
 54話 2016年6月4日(土)放送分のあらすじ解説

①タイピストとなって一年半、常子(高畑充希)は確かな戦力
として認められるようになっていた。

常子が就職したのは出版社ではなくて、鳥巣商事という商社
でした。勘違いしていてごめんなさい。訂正してお詫びします。

それにしても、常子が戦力として認められるようになって
良かったですね。

後に一世を風靡する女性雑誌を創刊するほどの能力のある人なの
ですから当然ですよね。

②鞠子(相楽樹)は大学の文学研究会で充実した日々を過ごし、
美子(杉咲花)も得意の裁縫の腕前を発揮し青柳で重宝される
存在となっていた。

鞠子はどこかの女子大学に入学し、早稲田大学の文学研究会に所属
しているのですが、どこの女子大でしょう?

史実でも女子大を出たことは分かっているのですが、探してみても
どの女子大なのか今のところわかりません。

3姉妹の中で大学を出たのは鞠子のモデルである大橋晴子だけだ
ったそうです。

常子のモデルである大橋鎮子も銀行勤務を経て、平塚らいてうの
出身校である日本女子大学に入学しましたが、肺結核のため1年
程で退学しています。

その後肺結核は完治して読書新聞社に入社して活躍しました。

Sponsored Link

③そんな中、毎週甘味どころで互いのことを報告してきた帝大生の
星野(坂口健太郎)は、常子にある想いを伝えられずにいた。

星野は少し前から、常子を女性として意識し始め、結婚を考える
ようになっていたのです。

常子も星野には家族に相談できないことも素直に話すことができ
ることに気づき、好意を持っていることを自覚するようになって
いました。

でも家族の大黒柱である常子が今結婚できる状態ではないことを
星野も感じていて、言いだせないのでしょう。

④その帰り、二人は突然男に呼び止められ不謹慎だととがめられて
しまうが…

当時はまだ男女が二人きりで歩いていたりすると目立つのでしょう。
わざわざ呼び止める人がいるとはびっくりです。

酔っぱらいでしょうか。
でもこれをきっかけに、星野は自分の思いを告白できるのかも
しれません。

 

◆とと姉ちゃん54話の出演者

高畑充希,相楽樹,杉咲花,木村多江,大地真央,片岡鶴太郎,
大野拓朗,秋野暢子,ピエール瀧,平岩紙,川栄李奈,浜野謙太,
坂口健太郎,真野恵里菜,我妻三輪子,野村麻純,

★朝ドラキャストとと姉ちゃん!出演者と登場人物&実在のモデルは? 

★段落①~④のあらすじと出演者はYahooテレビガイド
(http://tv.yahoo.co.jp/listings/realtime/)からの引用です。
あらすじ解説を最後までお読みいただきありがとうございました。

<<前回53話常子大黒柱になる****次回55話>>

★朝ドラ大河.comの目次はサイトマップをご覧ください。

◆あなたにオススメ

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ