朝ドラとと姉ちゃんあらすじ解説57話6月8日(水)常子家訓を破る

NHK連続テレビ小説2016年度前期「とと姉ちゃん」10週seifuku_aifuku_woman_cardigan

常子(高畑充希)と美子(杉咲花)は仲たがいしたまま、
新年を迎えます。
ある日、常子は夜なべの仕事で寝坊して
朝食を皆で食べる家訓を破ってしまいます。

仕事ならいいのかと嫌味を言う美子に、君子(木村多江)は・・・。

スポンサーリンク

◆連続テレビ小説 とと姉ちゃん10週「常子、プロポーズされる」
 57話2016年6月8日(水)放送分のあらすじ解説

①仲たがいした常子(高畑充希)と美子(杉咲花)との溝は
埋まらないままでいた。

うそをついてまで、滝子に頼まれた縫物を完成させることを優先
した美子。裁縫が好きでお駄賃で家計を助けようとする美子の
気持ちを常子は知りません。

またとと(父親)との約束をかたくなに守ろうとして家訓を押し
付ける常子を理解できない美子。

2人の仲たがいは、翌年の昭和15年1月の年が明けても解けません。

 ②そんなある日、美子は滝子(大地真央)に誘われ、洋装店で働くことに。

まだ女学校は卒業していないはずですから、アルバイトということ
でしょうね。
でも、洋裁店で働くほど腕をあげたのは大したものです。
好きこそものの上手なれです。

滝子おばあちゃんは、美子の才能を伸ばしてやろうと思ったので
しょう。史実でも3女の芳子は裁縫が好きで上手だったそうです。

 

Sponsored Link


 

③鞠子(相楽樹)に相談し、常子の許可を得ようとするも、
忙しいからと取り合わない。

美子は常子と仲たがいしているので、次女の鞠子に相談して、常子
に許可を求めようとするのです。

許可を得ようとするのは感心です。仲たがいしているなら、もう
自分の意志で決めてしまってもいいようなものですが、やはり、常子
が家族のために一生懸命頑張っているのは分かるのでしょうね。

常子は職場のタイピストが一人退職して、仕事が忙しくなったので
美子の仕事のことは取り合わなかったようですが、まだ仲たがいの
ことがすっきりしないので取り合わないのかも知れません

④一方で、常子は大量の仕事を抱えるあまり寝過ごし、朝食を皆で食べる
という家訓を破ってしまう。

さあ大変、朝食は必ず家族全員そろって食べるという家訓があります。
それを破ってしまっては、あれだけ美子のことを非難した手前、
ばつが悪いのではないでしょうか。何と言って謝るのでしょう。

⑤仕事なら許されるのかと嫌味を言う美子。常子が反論しようとすると、
君子(木村多江)の手が出て…

まだ意地を貼っている美子にしても、このチャンスを逃すはずは
ありません。早速反論にでます。

常子は仕事で徹夜でもして寝坊したと言い訳でもするのでしょう。
美子が「仕事なら家訓を破ってもいいのか」と突っ込みます。

美子もなかなかやりますねえ。

しかし、今まで2人の関係を心配していた母の君子が
ついに美子に手を上げるようです。

これで2人は理解するようになるのではないでしょうか。

 

◆とと姉ちゃん57話主な出演者

  高畑充希,相楽樹,杉咲花,木村多江,大地真央,川栄李奈,坂口健太郎,田口浩正,真野恵里菜,我妻三輪子,野村麻純,

★朝ドラキャストとと姉ちゃん!出演者と登場人物&実在のモデルは? 

★段落①~④のあらすじと出演者はYahooテレビガイド
(http://tv.yahoo.co.jp/listings/realtime/)からの引用です。
あらすじ解説を最後までお読みいただきありがとうございました.

★朝ドラ大河.comの目次はサイトマップ  でご覧いただけます。

◆あなたにオススメ

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ