NHK大河ドラマ真田丸あらすじ解説第23話「攻略」6月12日(日)放送

秀吉の沼田裁定により、真田と北条の問題は解決されたsanada_yukimura.png真田幸村
はずでしたが、沼田城に入った北条の家臣・
猪俣邦憲(いのまたくにのり)が、真田のものと
された名胡桃城(なぐるみじょう)を突如
攻めて奪い取ってしまったのです。

それを口実に秀吉の小田原征伐が開始され、
秀吉(小日向文世)は日本全国の大名に
呼びかけて、21万にも及ぶ兵で小田原を包囲します。

しかし北条氏政(高嶋政伸)は降伏を拒否・・・。

スポンサーリンク

◆NHK大河ドラマ真田丸23話「攻略」忍城(おしじょう)攻め
2016年6月12日(日)放送分のあらすじ解説

①秀吉(小日向文世)は20万を超える兵を集め小田原を包囲するが、
関東の覇者のプライドに縛られた北条氏政(高嶋政伸)は絶望的な
状況にも降伏を拒否する。

いくら関東の覇者と言えども、全国をほぼ統一した秀吉にかかって
は、いくら小田原城が堅固な城であっても無理なのです。

20万を超える兵と言いますが、ほぼ21万に近い兵だったとされて
いますから、とても1大名である北条だけでどうにもなる相手で
はありません。

②昌幸(草刈正雄)と信幸(大泉洋)は北条方の拠点、
忍城を攻めあぐねる。

260px-Oshi-jo.JPG忍城

 

 

 

 

 

忍城(おしじょう)は、埼玉県行田市に存在した城で、明治維新

後の廃藩置県で廃城となり、一部を残して取り壊されました。

1988年(昭和63年)に本丸後に行田市郷土博物館が建てら
れ、その一部として御三階櫓が鉄筋コンクリートで造られ
復興しました。

上の写真(出典:ウィキペディア)に見られるように
とてもきれいなお城です。
私も数年前に行ったことがあります。

忍城は要害堅固な城で、湖に囲まれているので
浮城とも呼ばれていました(現在は違います)。

1590年(天正18年)の小田原征伐の際、豊臣方の水攻めに
耐えぬいたことで有名です。

小田原城落城時までもちこたえた支城は忍城だけだった
そうです。

この時のことが「のぼうの城」という映画にもなりました。

 

★小田原征伐の陣立てを秀吉から任された石田三成(山本耕史)は、
軍勢を二手に分けます。

一つは豊臣秀次(新納 慎也・にいろ しんや)が率いる本陣で、
東海道から小田原城に向かいます。

もう一つは上杉と前田利家が率いる軍勢で、東山道(とうざんどう)
を通り、上野(こうずけ)・武蔵(むさし)にある北条型の城を
落とすことにします。

真田は上野を攻めるために上杉に組み入れられます。
上杉軍は東山道を通り、次々と北条の城を落とし、天正18年(1590年)
4月20日に上野の松井田城を攻略します。

その後、真田家の長男・信幸(大泉洋)が初めて指揮をとり武蔵の
忍城(おしじょう)を攻めますが、6月に入っても、まだ攻略できず
にいます。

Sponsored Link

③秀吉から武功を上げるよう命じられた石田三成(山本耕史)が本陣
から乗り込んでくるが、昌幸らと対立する。

真田が忍城にてこずっていることにやきもきしている石田三成に
忍城を任せることを大谷吉継(片岡愛之助)が提案し、秀吉が
許可します。

この頃、東北の伊達政宗が白装束で秀吉の陣を訪れ、臣従したので、
もう北条が降伏することは確実です。

三成の友人である大谷吉継は、戦経験の少ない三成に、戦の経験を
させたいと思ったのでしょう。

三成は早速手勢を率いて武蔵へ進軍し、同年の6月12日に上杉軍に
到着します。

いつまでも落城させられないことを責め、上杉と真田に鉢形城と
八王子城を攻略せよと指図します。

忍城については、三成が自分なら利根川の水を引き入れて、
4日で落としてみせると宣言します。

しかし、上述したように忍城は水攻めでは落ちませんでした。

最後に昌幸の策略で降伏させるのですが。

④一方、信繁(堺雅人)は徳川家康(内野聖陽)と大谷吉継
(片岡愛之助)に呼び出されー

小田原城を囲む本陣にいた信繁が家康と大谷吉継に呼ばれた
のは、これ以上犠牲者を出さないために、どうしても降伏
しようとしない北条氏政を説得して欲しいというのです。

息子の北条氏直(細田 善彦)は降伏しようと言うのですが
父の氏政は、城に火を放って討ち死にすると言うのです。

信繁は重要な任務を与えられますね。

◆大河ドラマ真田丸の主な出演者

堺雅人,大泉洋,山本耕史,藤井隆,片岡愛之助,高嶋政伸,遠藤憲一,寺島進,小林隆,近藤芳正,桂文枝,竹内結子,小日向文世,鈴木京香,近藤正臣,内野聖陽,草刈正雄,

★段落①~④のあらすじと出演者はYahooテレビ番組
http://tv.yahoo.co.jp/listings/realtime/からの引用です。
あらすじ解説を最後までお読みいただきありがとうございました。

<<前回22話「裁定」******次回24話>>

◆あなたにオススメ

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ